2013年5月5日日曜日

林田力Amazon作品一覧

東急不動産だまし売りマンションに誰が住みたいと思うだろう。東急不動産だまし売り契約を取り消すことが唯一の解決策であった。東急不動産だまし売りマンションに住み続ける限り、逃げることはできない。まるでポールにくくりつけた鎖のようなものである。動き回ることはできても自由にはなれない。
東急リバブル東急不動産のマンション販売がだまし売りであることは東急不動産だまし売り被害者の名前が林田力であることと同様に明白な事実であった。

林田力Amazon作品一覧の人気度で『二子玉川ライズ住民訴訟』が首位になった。二位は『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』である。三位は『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』である。かつては『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』が首位であったこともある。
『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』は東急不動産係長が顧客女性とコンサルティング契約でトラブルとなり、顧客女性に脅迫電話を繰り返して逮捕された事件を扱っている。
東急不動産は「お詫び」を発表したが、お詫び文には具体的な事実が記載されておらず、何を反省しているのか全く理解できないものである。東急不動産係長逮捕事件は契約上のトラブルとなった顧客女性に脅迫電話を繰り返した点で、たまたま犯罪者が東急不動産の従業員だったという問題とは次元が異なる。不明確なお詫び文は東急不動産だまし売り裁判での「お詫び」と共通する。

0 件のコメント:

コメントを投稿