2013年4月13日土曜日

被告代理人詐称

被告復代理人就任直後の平成21年から平成23年に至るまで一年以上に渡り、被告代理人であるとの詐称を続けている(議決書5頁)。単なる誤記というには、あまりにも長過ぎる期間、虚偽記載を続けている。これはまさに一貫して詐称を続けていた事実である。
「東京に台風が直撃した」と記載していないことをもって明らかに事実に反する虚偽主張ではないとするが、これは子ども騙しの論理である。都内の病院へ行くことを取り止めた理由として「台風が直撃」と記載している。当然、東京の話になる。九州に台風が直撃していたとしても病院に行かない理由にはならない。

0 件のコメント:

コメントを投稿