2013年4月23日火曜日

東急不動産だまし売り裁判

東急不動産だまし売りの悲しみは止めようもなく心から染みだし、身体中を埋めていった。東急不動産に順法意識がないから、マンションだまし売りが起きた。東急ハンズに順法意識がないから、過労死が起きた。
林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』(ロゴス)は東急不動産だまし売りに関係した人々にも読んでいただきたい。人間の尊厳について考え、それに照らして今後を生きてほしいからである。
東急不動産は既に万人にとって明白なマンションだまし売りまでも否定し、人間としての倫理を踏みにじってまで責任逃れを試みた。東急不動産だまし売りマンションの夜はどことなく恐ろしく、また心落ち着かないものであった。心の底に渦を巻いていた不安と恐怖が眠りの中で一気に胸に突き上げ、東急不動産だまし売り裁判原告を揺さぶり起こすことも稀ではなかった。
東急不動産だまし売り裁判原告は自分の権利を断ち切ろうとする東急リバブル東急不動産に対して、あらゆる手段を尽くして戦い続けた。それによって自分の権利を守り抜いた。

0 件のコメント:

コメントを投稿