2013年3月9日土曜日

ブラック

退職者の会に書かれた内容に基づく議論である。引用部分は退職者の会スレッドで公開された内容である。そこにある家賃保証会社の仕事がメインとの事実に基づいて、社会問題になっている家賃滞納者への追い出しをするかと尋ねている。ゼロゼロ物件などを中心に家賃保証会社などによる悪質な追い出し行為は社会問題になっており、家賃保証会社からの依頼で追い出し行為をしているのではないかと考えることは自然である。現実に退職者の会では建物明け渡しについても言及されている。また、法人自身が家賃保証会社向けの仕事を宣伝広告している。
被害者の会で書かれた論評を紹介したものである。この内容は被害者の会で公開されたものであり、新たに紹介することで社会的評価が低減するものではない。代表が暴走族という反社会的集団に属していたことは本人が宣伝している事実である。その事実をブラックな社会出身と形容することは何ら不自然ではない。ブラックな社会出身者がブラックであることに無自覚であるとの指摘も合理的なものであり、紹介することに問題はない。
体験談を紹介したものである。具体的事実を述べており、それを虚偽と断定する理由はない。実際に担当者が頻繁に交代している例がある。中野相続裁判では被告代理人がコロコロと変わっている。この事実に基づき体験談も事実が含まれると判断できる。
退職者の会での書き込み内容を紹介したものである。退職者の会で具体性のある内部告発的な内容が投稿されたことは事実であり、紹介したようなレスポンスがなされたことも事実である退職者の会での書き込み内容と退職者の会の荒らし埋め立て行為を紹介したものである。弁護士法人の告発者に「生活保護を検討したか」との書き込みがなされたことは事実であり、その事実に対する意見を述べている。
「どう見てもここの経営者の書き込み」という指摘がなされた直後から荒らし埋め立てが行われたという事実に基づいている。荒らし埋め立てに対する感想も実際に公開された掲示板に書き込まれた事実である。
弁護士法人の真実という投稿がなされたこと及び、その投稿に対する反応という事実を整理したものである。この内容は公開掲示板で実際にやり取りされた事実に基づいている。弁護士法人の真実には具体性ある告発が含まれており、それに対する反応として自然なものである。

0 件のコメント:

コメントを投稿