2013年3月9日土曜日

スラップ

本採用まではアルバイト扱いとの指摘に対する応答である。辞める弁護士については退職者の会でも指摘された。中野相続裁判でも被告代理人となった複数の弁護士が事件の係属中に事務所を辞めている。
56年前に話題になっていたとの指摘に対する応答である。中野相続裁判の原告は「逮捕状を楽しみに」などと脅されました。これらの事実に基づく意見である。
暴走族という恥ずかしい過去を売りにする元暴走族に対する批判である。
残業代を払わないという指摘に対する応答である。勤務中にタイムカードを押させるとの指摘は退職者の会で指摘されていた内容である。
退職者の会で指摘された内容である。
単語の羅列であり、名誉毀損を構成しない。
被告代理人の悪質な応訴態度を経験しているために書き込みが真実であると考えることに十分な理由がある。点滴の流入速度を速めることを問題ないと主張し、個人が書いた文書を国税庁作成と虚偽主張するなどである。
「すぐ辞めるから、よさそうな条件で求人が出る」はブラック企業で一般に指摘されている内容である。
退職者の会で記載された内容に基づいて「職場として」「依頼人にとっても」最悪と述べたものである。発信者情報開示要求を受けた「弁護士法人の真実」の投稿者は「書き込み内容は真実であり、名誉毀損の意図はない」と述べており、掲示板運営者から発信者情報を開示しない判断がなされている。真実であると信じることに十分な理由がある。
弁護士法人がブラックか議論されている状況に対してブラックだと思うと意見を表明している。
評判悪いのは有名と指摘された。
冷たい対応との指摘は被害者の会で指摘された内容である。それを述べている。
金になるかならないかで依頼者を選別するとの指摘を紹介したものである。この内容は二千九年から公開されているものである。「あくまで噂ですが」との断り書きも含めて全文引用しており、誤解の生じる余地はない。
事務所総出で埋め立てという指摘に対する応答である。過去二回とも定時が始まってから埋め立てが行われているという事実は組織性を感じさせるものであり、実際に「内情を暴露させるな」との指摘もなされている。よって信じるにつき十分な理由がある上に個人の推測であることが明確な文章になっている。

0 件のコメント:

コメントを投稿