2013年3月25日月曜日

税金の無駄遣い

税金の無駄遣いを指摘しても有権者の反応が鈍いとの指摘がありました。都知事個人が贅沢していることへの嫉妬からの批判と受け止められてしまっている可能性があります。これに対しては無駄遣いを単体で取り上げるのではなく、市民にとって必要な福祉などを削減する一方で無駄遣いしているとセットで批判することが有効です。
保育を主要イシューとして取り上げるべきとの問題提起がありました。これは、どの政治家も賛成する、表立っては反対しないという強みがあります。理念としては支持するが、現実に保育政策が進まない理由としては財源が挙げられます。財源は大型開発の見直しによって確保できます。開発と福祉はトレードオフの関係にあります。

0 件のコメント:

コメントを投稿