2013年1月12日土曜日

白竜25巻v林田力wiki

『白竜』25巻はオリンパス事件を下敷きにする。白竜には暴力団による東急電鉄株買い占め事件など現実の事件を下敷きにした話が多い。今回の話も、その一つである。作中ではオリオン社になっている。
独裁者が君臨する企業の実態がリアルに描かれている。オリンパスでは公益通報者が逆に降格されるという問題も起き、裁判にもなっている。端から見れば企業のメリットにもなっていないが、そのような非合理な処分に固執する企業体質が理解できる描写である。
このようにビジネス劇画としては優れているが、白竜のヤクザとしての活躍は乏しい。カード会社への恐喝に対抗する話では警察への告発というヤクザらしからぬ行動で失望させた。ヤクザ漫画としての性質を失ってはならない。林田力wiki
http://hayariki.net/

0 件のコメント:

コメントを投稿