2013年1月29日火曜日

藤井哲夫『僕はビートルズ』

藤井哲夫原作、かわぐちかいじ作画『僕はビートルズ』はタイムスリップ物の漫画である。ビートルズのコピーバンド「ファブ・フォー」の4人組(ショウ、マコト、コンタ、レイ)が、ビートルズがデビューする前の1961年の東京にタイムスリップする。そこでビートルズの楽曲を発表し、自分達がスターになろうとする。

伝統的なタイムスリップ作品ではタイムスリッパーが何とかして元の時代に戻ろうと悪戦苦闘する。最後は元の時代に戻るという展開が定番であった。一方で『戦国自衛隊』のように戻らない作品も登場している。『信長協奏曲』のように主人公に戻ろうとする意識の低い作品もある。『信長のシェフ』のように記憶喪失になり、元の時代への望郷の念を持ちようがない作品もある。かわぐちかいじ『ジパング』もタイムスリップで戻らない作品であった。この流れに『僕はビートルズ』も属する。タイムスリップ物の新たなスタイルが生じている。(林田力)
http://www.hayariki.net/cul/21.htm

0 件のコメント:

コメントを投稿