2012年8月31日金曜日

吉田豪『サブカル・スーパースター鬱伝』v 林田力review

吉田豪『サブカル・スーパースター鬱伝』はリリー・フランキーや大槻ケンジらサブカル界の著名人との対談集である。一見すると華やかに見える彼らも鬱病を体験している。著者は「サブカル文系男子は四十歳を越えると鬱になる」という仮説を立てている。

鬱病など心の病気は現代日本社会で大きく問題視されている。それでも、まだまだ後進的な日本社会では「個人の頑張りで乗りきれ」的な精神論が根強い。それは鬱病患者を一層苦しめることになる。これに対して本書は鬱病を「四十代の通過儀礼」という形で普通に起こることと受け止めている。このような考え方で救われる人々は大勢存在するだろう。

鬱病からの脱却体験談も健康的である。『新世紀エヴァンゲリオン』『機動戦士ガンダムSEED』などのアニメやアイドル(モーニング娘。)、食玩にはまることで改善したという体験談が紹介される。鬱病になるとエンターテイメントを楽しむ余裕もなくなることが多いが、現実逃避でもいいのでエンターテイメントの世界に浸かることが有効である。

他にも運動、日光を浴びる、猫の世話、痩せるなど真っ当な内容が登場する。 もちろん、精神科医の診療も受けているが、抗鬱剤などの薬漬けには消極的評価を下している。「薬を飲むのがよくない」「抗鬱剤とか睡眠薬とか飲んでいると余計体調悪い」との感想が寄せられている(137頁)。さらには「鬱病患者の増大は(製薬会社の)企業戦略が絡んでいるかも」との大胆な推測もなされた(61頁)。抗鬱剤の副作用でブクブク太ってしまったという告白を目にしたことがあるため、納得できる内容である。
http://hayariki.net/4/46.htm
鬱病になることは決して悪いことではない。本書では四十代を念頭に置いているが、若年層の心の病も多い。それだけ現代日本社会で生きることは不安や葛藤が大きいことを示している。問題は安直な方法で不安や葛藤から逃れる傾向が一部に見られることである。ハーブなどの脱法ドラッグで一時的にハイになるなどである。脱法ドラッグによる死亡や後遺症など深刻な健康被害が続発している。

本書でも薬物に逃避する弱い心理状態には理解(支持ではない)を示している(186頁)。クスリという誘惑が大きい現代日本社会で、真っ当な方法で鬱と向き合った人生の先達の言葉には大きな価値がある。(林田力)

エジンバラの古い棺v林田力wikiレビュー

『エジンバラの古い棺』は英国ヴィクトリア朝を舞台とした歴史ミステリーである。場所はスコットランドの都エジンバラである。主人公は刑事である。遭遇した殺人事件と警官であった父親が追っていた事件が重なり、英国の歴史を塗り替える秘密にも迫る。
ヴィクトリア朝イギリスは多くのミステリー小説の舞台として描かれてきた馴染みの時代である。しかし、本書にはヴィクトリア朝イギリスの既成概念から外れた魅力がある。
第一にスコットランドにスポットライトをあてていることである。日本人はイギリスと単一の国家のように認識しがちであるが、イギリスは連合王国であり、イングランドとスコットランドは別の国であった。そのスコットランド人の心情を本書で味わうことができる。また、ブリテン島に出稼ぎに来ざるを得ない貧しいアイルランド人労働者を描き、経済発展の負の面を直視する。
第二にヴィクトリア女王の不人気を直視する。ヴィクトリア朝は大英帝国にとって栄光の時代と受け止められがちである。そのためにヴィクトリア女王も偉大な国母と祭り上げられる。
しかし、本書は臣民のことを考えていないと噂される存在として描かれる。イギリスの兵士は「女王のために命がけで戦っているわけではない。彼らを動かしているのは、女王への愛ではなく命令だ。」104ページ。ここには愛国心などの言葉で美化され、歪曲された国家権力の真の姿がある。
過去の王に対しても「下品で不快な男」「だらしがなくて不潔で、指先以外は滅多に洗わないものだから、ひどく臭かった」「物笑いの種になるほどの臆病者」と手厳しい。142ページ。臭いという外部に現れた体質と臆病という内面的な性質を同一人に重ねている点が興味深い。最低の人間へに相応しい形容である。
ヴィクトリア朝はディズレーリとグラッドストンに代表される二大政党政治が促進された時代である。保守主義と自由主義の路線対立があり、そのような多様性があることがヴィクトリア朝に自由なイメージを与えている。しかし、本書は衝撃のラストで、国家権力に都合の悪い事実を隠蔽するという点ではリベラル派の政治家であっても保守派と変わらない実態を浮き彫りにする。糾弾色はないものの、大英帝国の欺瞞を雄弁に物語る小説である。林田力
http://hayariki.net/

2012年8月30日木曜日

首都圏道路交流集会

首都圏道路交流集会
日・時   10月27日(土)午後1時〜午後5時まで
場 所   千駄ヶ谷区民会館(最寄り駅・JR原宿駅)
記念講演
上智大学法科大学院教授 越智敏裕さん
演題 「司法の行政に対するチェック機能ー鞆の浦と圏央道訴訟を例に」(仮題)
越智教授は、鞆の浦&高尾、それぞれに関わった弁護士です。
尚、今年の道路全国連の交流集会は、11/24(土)〜25(日)(+α)で、広島市での開催になります。
http://hayariki.net/7/faqindex.htm

2012年8月28日火曜日

石井あゆみ『信長協奏曲 7』v 林田力 wiki記者レビュー

石井あゆみ『信長協奏曲 7』(小学館、2012年)は姉川の合戦の勝利後から始まる。姉川の合戦には勝利したものの、第一次信長包囲網が形成され、依然として情勢は厳しい。

第一次信長包囲網では武将だけでなく、比叡山延暦寺や石山本願寺という仏教勢力も敵に回った。信長には延暦寺焼き討ちや一向一揆弾圧など仏教勢力と激しく対立した印象が強い。これに対して『信長協奏曲』のサブロー信長には仏教勢力への憎しみはない。むしろ仏教勢力から敵対されることが理解できず、不思議に思っているほどである。

『信長協奏曲』は史実に沿って物語が展開するが、登場人物の心情には歴史イメージとギャップがある。それが物語の魅力になっている。羽柴秀吉を忠誠心ゼロの腹黒い野心家と描き、意表を突いた。『信長協奏曲 7』でも要領のよい秘書タイプのイメージのある森蘭丸が、弟の坊丸・力丸に振り回される損な立場に描かれている。
http://hayariki.net/5/50.htm
そして、もう一人の主人公である明智光秀のサブローへの思いが一層強くなった。本能寺の変がどのように描かれるのか興味深い。(林田力)

2012年8月26日日曜日

佐藤賢一『オクシタニア』v 林田力 wiki

佐藤賢一『オクシタニア』は中世フランスのアルビジョワ十字軍と異端カタリ派を描く歴史小説である。フランスは中央集権化した国民国家であるが、中世のオクシタニアは名目上、フランス王国に属していても、実質的には独立国であった。文化も言葉も差異があった。『オクシタニア』ではオック語を関西弁で表現することでイメージを出している。

佐藤賢一には『赤目−ジャックリーの乱』(英仏百年戦争中の農民反乱)、『カエサルを撃て』(ローマに対するガリアの戦い)、『剣闘士スパルタクス』(ローマでの剣闘士奴隷の反乱)と敗者を主人公とした作品が多い。これらは敗者でありながらも清らかな印象を残している(林田力「佐藤賢一と藤本ひとみ〜フランス歴史小説から幕末物へ」日刊サイゾー2011年10月17日)。『オクシタニア』も同じ系統に属する。

序盤はアルビジョワ十字軍の総大将シモン・ド・モンフォールが主人公である。英国議会政治の礎となったシモン・ド・モンフォールの父である。シモンは信仰心の篤い勇敢な十字軍騎士として知られるが、小説では揺れ動く心情が描かれる。そのシモンがオクシタニアの実態を知り、強靭な騎士として成長する様子が見所である。オクシタニアから見ればシモンは侵略者であるが、離合集散を繰り返すオクシタニア人の無定見さがシモンをして侵略を正当化させる。一方で家族には昔の頼りない父が良かったと思われており、複雑である。
http://www.hayariki.net/4/21.htm
中盤はトロサ市民エドモンが主人公である。異端の広がりの背景にはカトリック教会の腐敗があったが、カタリ派の教えにも問題があることが浮き彫りになる。後半は侵略される側のトロサ伯ラモン7世が主人公である。そしてエドモンと妻だったジラルダ、ラモン7世の三人が絡み合って物語が進んでいく。
http://hayariki.hatenablog.com/

他の佐藤作品と同じく本書にも気の利いた表現が盛り沢山である。たとえばラモン7世が戦争に勝利して敵城を占拠した後、敵の玉座を「豚の脂身みたいな男が愛用していた席」であるため臭いと言って一座を沸かせた。豚のような人間で臭いと言われる人間は現実にもいるためにニヤリとさせられる表現である。

ヤンキーの自己中v林田力Wiki記者

ヤンキーとはどうしようもない連中である。独り善がりな考えで、それが相手に容れられないと、途端に怒りを爆発させる。相手の気持ちなど考えない。ただ自分があるばかりである。
怒りを爆発させて恫喝し、相手が怯めば、それでよしとする。ところが、相手が思ったより手強いと卑劣なことに態度を変える。
救いがたい点は自分が温厚路線に切り替えたということで、相手にも態度の軟化を要求する自己中心主義である。ヤンキーの態度が悪いから相手が態度を硬化する。それは至極当然のことである。自己の過去の非礼を棚に上げて、自分が態度を変えたからと言って、相手もスイッチすることを期待することは筋違いである。

2012年8月25日土曜日

医療ネグレクトv林田力Wiki記者

医療ネグレクトは、患者が手術や治療を必要としている場合で、医療機関が当該患者に医療行為を行う場合に患者本人に代わって家族の同意が必要なケースで、その家族が正当な理由なく同意を拒否することで患者の生命身体が危険にさらされることである。
具体例として、患者の延命治療拒否や酸素吸入拒否がある。消極的なネグレクトにとどまらず、点滴の流入速度を勝手に速めてしまう作為が加わる事例もある。林田力
http://hayariki.net/

2012年8月24日金曜日

フェアリーテイル34巻v=?iso-2022-jp?B?GyRCTlNFRE5PGyhC?=W iki=?iso-2022-jp?B?GyRCNS08VCVsJVMlZSE8GyhC?=

真島ヒロ『フェアリーテイル』34巻ではフェアリーテイルとマスターマカロフの息子でレクサスの父親のギルドと激突する。
『フェアリーテイル』はバトルあり、冒険あり、魔法ありの少年漫画の王道作品である。一方で「昨日の敵は今日の友」という漫画にありがちな浅薄な傾向も継承している。「昨日の敵は今日の友」は過去を水に流す非歴史的な日本社会にマッチしていた。しかし、過酷なイジメ社会を生き抜く読者層にとって「終わりよければ全てよし」的なナイーブな展開は受け付けられない。
この巻ではラクサスの戦いをサポートするギルドの団結を感動的に描こうとする。しかし、ラクサスがフェアリーテイルにしたことを思い出せば「なんだかな」という感じになる。悪役も闘いが終われば仲間になるならば闘い自体が空しくなるだけである。
しかし、そのラクサスの相手に卑怯なギルドを登場させた。これによってラクサスに感情移入できる。価値観が多元化した現代では単純に悪役だから悪いとは言えない。しかし、卑怯者だけは別である。卑怯者は万人が軽蔑でき、卑怯者の敗北を歓迎できる。卑怯者が卑怯な手段を駆使しながらも、徹底的に痛め付けられ、戦いの終了後も罰が待っている展開は痛快である。林田力
http://hayariki.net/

ドリームハイ2v林田力Wiki記者レビュー

『ドリームハイ2』は韓国ドラマ。キリン芸能高校を舞台にスターを目指す少年少女を描く。前作とは異なり、キリン芸能高校は落ちこぼれ校に転落していた。大手芸能事務所がキリン芸能高校を買収し、所属する現役アイドルが転校してくる。
主人公が性悪アイドルにいじめられる展開は典型的である。『ドリームハイ2』では主人公が卑怯な真似でアイドルに濡れ衣を着せる。卑怯な真似が露見して周囲から白眼視される。卑怯者が罰される展開は痛快である。直線的な主人公のサクセスストーリーに見えない分、展開に引き込まれる。林田力
http://hayariki.net/

2012年8月23日木曜日

産業廃棄物の違法焼却v林田力Wiki記者

埼玉県内で産業廃棄物を違法に焼却している疑いがある。アングラサイトの管理人が自らのサイトで違法焼却を報告している。当人には違法性の認識もあり、悪質である。
問題のアングラサイトは反社会性が高いものである。社会問題になっている脱法ハーブ店の広告が掲載されている。広告が掲載された脱法ハーブ店では薬事法指定成分を含む違法ドラッグを販売していた。
同じく社会問題になっている貧困ビジネスのゼロゼロ物件業者の広告も掲載されている。このゼロゼロ物件業者は重要事項説明義務違反などの宅建業法違反で東京都から業務停止処分を受けている。
サイトのコンテンツも違法焼却だけでなく、デジタル有料放送を正規の料金を支払わずに視聴した体験談など悪質な内容を含む。アングラサイトでも犯罪は犯罪である。
http://hayariki.net/

2012年8月22日水曜日

エンジェルハート4巻v=?iso-2022-jp?B?GyRCTlNFRE5PGyhC?=W iki=?iso-2022-jp?B?GyRCNDZBWxsoQg==?=

『エンジェルハートセカンドシーズン4巻』では四十年前からタイムスリップしたという人物の話が収録されている。エンジェルハートは主人公が超人的な活躍を見せても、生身の人間であり、超能力を持っている訳ではない。現在明らかになっている物理法則が働く世界の物語であるため、タイムスリップという超自然的なテーマは一見すると意外である。しかし、心臓移植によって提供者の魂も生き続けるという超自然的な現象が物語の根幹になっているエンジェルハートにとって、それほど不思議ではない。むしろ『シティーハンター』ではなく、エンジェルハートだからこそ、描ける物語である。
『シティーハンター』ならばハードボイルドのリアリズムを破壊しかねない。しかし、エンジェルハートの方が新宿の街で生活する人々などリアリティーを描いている。現在明らかになっている物理法則のみを現実と認める科学信奉者は偏狭である。超自然的なテーマとリアリズムは両立する。
40年前からタイムスリップした人物の感想は「高いビルばかりになった」であった。ヨーロッパなどで町並みを維持していることと対照的に日本は乱開発が行われている。世田谷区の二子玉川RIZEは景観破壊の最たるものである。過去に地上げを扱うなど『エンジェルハート』の着眼点は優れている。林田力
http://hayariki.net/

諌山創『進撃の巨人(8)』v 林田力 wiki記者レビュー

諌山創『進撃の巨人(8)』では女型巨人と壁の謎が明らかになる。冒頭では人間社会の体制側の腐敗が描かれる。エリート部隊であるはずの憲兵団は腐敗していた。まるで『機動戦士ガンダム』の地球連邦軍のようである。

『進撃の巨人(8)』は人類の敵である巨人と戦う物語であったが、その戦いが腐敗した体制の延命に寄与することになると考えるとバカらしくなる。この点も『機動戦士ガンダム』と重なる。初期ガンダムでは主人公が結果的に腐敗した連邦の歯車になっていることがフラストレーションのたまるところであった。このため、比較的新しいシリーズでは主人公が連邦軍を抜けるなど自立性を高めている。
http://hayariki.net/5/31.htm
『進撃の巨人』でもアルミン達はエレンを守るために独自の行動をとる。この点で組織に縛られない現代人的である。アルミン達の行動によって意図せず体制の欺瞞が明らかになる。但し、調査兵団の独断専行は結果オーライと扱われ、体制側との対決は回避された。モヤモヤ感が残るものの、人類は新たな巨人の脅威に直面するという続きが気になるところで終わっている。怒涛の展開に引き込まれる。(林田力)

オクシタニアv林田力Wikiレビュー

佐藤賢一『オクシタニア』は中世フランスのアルビジョワ十字軍を描く歴史小説である。フランスは中央集権化した国民国家であるが、中世のオクシタニアは名目上、フランス王国に属していても、実質的には独立国であった。文化も言葉も差異があった。『オクシタニア』ではオック語を関西弁で表現することでイメージを出している。
序盤はアルビジョワ十字軍の総大将、シモンドモンフォールが主人公である。英国議会政治の礎となったシモンドモンフォールの父である。
シモンは信仰心の篤い勇敢な十字軍騎士として知られるが、小説では揺れ動く心情が描かれる。そのシモンがオクシタニアの実態を知り、強靭な騎士として成長する様子が見所である。オクシタニアから見ればシモンは侵略者であるが、離合集散を繰り返すオクシタニア人の無定見さがシモンをして侵略を正当化させる。一方で家族には昔の頼りない父が良かったと思われており、複雑である。
中盤はトロサ市民エドモンが主人公である。異端の広がりの背景にはカトリック教会の腐敗があったが、カタリ派の教えにも問題があることが浮き彫りになる。後半は侵略される側のトロサ伯ラモン7世が主人公である。
林田力
http://hayariki.net/

2012年8月21日火曜日

古味直志『ニセコイ』

古味直志『ニセコイ』は『週刊少年ジャンプ』に連載中のラブコメである。『週刊少年ジャンプ』と言えばバトル漫画や冒険漫画が中心を占めるが、いつの頃からか恋愛物の比重が大きくなった。麻生周一『超能力者斉木楠雄のΨ難』で「最近はどこも恋愛一色だな」と揶揄されるほどである。

その中でも『ニセコイ』は安定感がある。『ニセコイ』は偽の恋という意味である。各話のタイトルも原則としてカタカナ4文字で統一され、物語の世界観を盛り上げている。
http://hayariki.net/5/10.htm
対外的にはカップルを演じなければならなくなった一条楽と桐崎千棘のドタバタを描く。形式的にカップルを演じているつもりが、実は互いに惹かれ合うという恋愛ドラマでも定番の展開である。楽は同級生の小野寺小咲とも実は相思相愛の関係で、どちらと結ばれるのか三角関係で盛り上げる。

さらに10年前の錠と約束という大きな謎がストーリーを骨太にしている。また、ヤクザとギャングの子どもという現実離れした設定がコメディに磨きをかけている。(林田力)

2012年8月20日月曜日

アトラス(東京都知事(1)第93815号)の愚弄

株式会社アトラス(東京都知事(1)第93815号、中西 真琴)は消費者を愚弄している。アトラスの前身のグリーンウッド新宿店(吉野敏和、東京都知事(9)第40352号)は重要事項説明義務に違反し、賃貸借契約書に記載なく退室立ち会い費を徴収して批判され、宅地建物取引業法違反で業務停止処分を受けた(東京都都市整備局「宅地建物取引業者に対する行政処分について」2010年6月8日)。

業務停止処分期間中はウェブサイト上での物件紹介も禁止される。ところが「住まいの貧困に取り組むネットワーク」によると、グリーンウッドは自社ウェブに以下の表示をしたという。「只今 ホームページ調整中です。物件リストを6月19日には掲載いたしますので、今しばらくお待ち下さい。」

これに対して住まいの貧困に取り組むネットワークは「ふざけた記載」と怒りを顕わにする(住まいの貧困に取り組むネットワーク ブログ「シンエイエステートとグリーンウッドに対して東京都が行政処分」2010年6月8日)。

グリーンウッド新宿店は何としても業務停止処分明けの営業へと突き進むということである。しかしこれは悪あがきでもある。あまりにも酷すぎる。消費者が強い憤りと失望とを感じたことは当然である。実際、グリーンウッドへの批判が止むことはなく、宅建業法違反の事実は知れ渡った。

ところが、2012年にはグリーンウッド新宿店の店舗もホームページも株式会社アトラス(東京都知事(1)第93815号、中西 真琴)に変わった。アトラスは2012年5月にはアトラス東京と称していた。6月からアトラスのホームページのタイトルは「東京で賃貸をお探しの方必見!新宿,池袋,渋谷エリア!」と業者名を出していない。

アトラス(グリーンウッド新宿店)のペテン師振りは相当のものである。驚くべき、そして、恐るべき茶番劇である。これほどゼロゼロ物件が貧困ビジネスとして世間でバッシングを浴びている中、何故、このような行動に出てしまうのか。もはや理解不能である。何と醜悪な光景だろう。言葉をいじって誤魔化すアトラス(グリーンウッド新宿店)の姿勢に激しい怒りを覚える。

株式会社アトラス(東京都知事(1)第93815号、中西 真琴)になったグリーンウッド新宿店(東京都知事(9)第40352号、吉野敏和)にせよ、吉野健太郎からハローマイメロディ(吉野)になったyoshinokentarou)にせよ、あまりにやることがせこく、デタラメで、愚弄するものであり、人々の我慢の限界を超えている。絶対に許せない。消費者側も本当に腹を固めて向かっていかねば、と改めて感じさせられる。消費者や賃借人を馬鹿にしたアトラス(グリーンウッド新宿店)の態度に、今こそ怒りの声をあげよう。

貧困ビジネスのゼロゼロ物件は消費者イジメである。ゼロゼロ物件詐欺は賃借人いじめである。ゼロゼロ物件詐欺は消費者虐めである。貧困ビジネスの追い出し屋は家賃を支払って住んでいる人たちも追い出しにかかっている。ゼロゼロ物件の様々な不具合と賃借人の不安状態が伝えられている。重大事態へと至りかねない不安を抱え込んでいる。
http://hayariki.zashiki.com/18.htm
ゼロゼロ物件にNO!を突きつけ、解体を迫るしかやり場のない怒りが渦巻いている。グリーンウッド新宿店が宅建業法違反で業務停止処分を受けて以来、本当に大きな盛り上がりがあり、人々の意志と怒りは益々広がり深まっている。アトラスのようなゼロゼロ物件業者への怒りは一段と深い泉から湧いてきている。

そして自らの意志を表現することに確信を抱き始め、何かが変わり始めていると感じている。ゼロゼロ物件業者の理不尽な要求には従わないという行動の広がりを期待する。賃借人に犠牲を強いて儲けようとするゼロゼロ物件業者を止めさせるための要請行動にむけて意見交流も実施したい。市民を危険にさらすゼロゼロ物件を本当に止めるために、反貧困アクションに参加しよう。これからも初心を忘れずに謙虚に活動していきたい。

2012年8月19日日曜日

一部野党との3党合意案は議会制民主主義の否定

2012.8.16
一部野党との3党合意案は議会制民主主義の否定                           
マニフェスト(政権公約)の放棄は主権者を騙したことになります
市民が求め創るマニフェストの会
2012年8月9日消費税増税法案は参院で採決されました。
この法案の成立過程は議会制民主主義の否定であり少数政党の切り捨て大政翼賛会への道と言えます

議会制民主主義を否定
国会が立法機関であるにもかかわらず、国会や政府とは別の一部野党自民党公明党との三者トップ会談で
決めたことが押し通されるなら、選挙を通じた国権の最高機関と政府内閣の意向は無視されたことになり
ます。
 少数政党を排除して、特定野党と与党が談合。三党合意案(民自公)を法案として政府が提出、これが採決されたこと、これは戦後これまでにない暴挙です。
 過去、安保条約等で与党が強行採決をしたことがあります。しかし、今回は特定野党と談合、そしてその不当性が論議されないまま採決、このようなことは許されるものではありません。
 国会は少数政党を含め議会の場で充分審議し、国民に質疑応答内容を明らかし、その結果に基づいて採決するものです。与党案を否定するなら、野党は野党案または修正案を提出し、与党案、野党案で充分審議し、採決に至のが議会制民主主義であります。与党が一部野党と合意案を作成するということは、実態として連立政権を形成したことになります。連立政権ではないのに関わらず、一部野党が与党と談合した案を国会で採決をしたことは、議会制民主主義の否定に他なりません。
 現在の自民党と公明党は実質的に民主党と連立政権を立ち上げたこととなり、今回の談合、三党合意を反故にしない限り、自公野党は今後与党の民主党を公に批判することはできません。
議会制民主主義を守る為には民自公の3党合意案を反故にすることであり、今回の消費税増税法案を無効とすることです。
主要なマニフェストが放棄されるなら、選挙民は主権を行使できません
「低所得者層からの税負担の強化」これが消費税であります。非正規雇用・年金等社会保障制度に疑問を持ち、これまで自民党等に投票していた有権者が、民主党の主要なマニフェストに賛同、消費税増税をしないということで投票しました。本来議員は主権者に委託された代表者です。その有権者・主権者の願いを無視したこと、これは明らかな騙しであります。この騙しが大手を振って通ったことは今後有権者・主権者はマニフェストを見て議員を選んでも無駄である、ということになります。過去戦争中、国民は強力な思想統制下のもとに置かれ、国民が政治に口を出すことは厳しく弾圧されました。「欲しがりません、勝つまでは」などという標語まで普及され、政治家の指令のままに従うことを強いられました。政治は暗黒政治が続きました。あの侵略戦争を進めた大政翼賛会が、この21世紀にふたたび登場してきたことになります。 
 野田佳彦首相はマニフェストを守らなかったことについて謝罪しました。しかし、謝罪するならその案を提出する前に国会を解散して民意に問うことです。騙しは犯罪で、騙してから謝罪で済むのであれば「警察」や「法律」はいりません。野田首相の謝罪は国民・主権者を愚弄(ぐろう)するものであります。
http://shinsetagaya.web.fc2.com/mani/faqindex.htm
国会は解散して主権者に問うべきです
 既に日本の野田首相は平常心を失っている、とさえ言えます。福島第一原発の大事故で政府も東電も誰も責任を取っていません。これでは第二のフクシマが起きてもまた誰も責任を取らないでしょう。
責任を取らなくて済むなら、電力会社は次々と原発を再稼動させるでしょう。野田首相は責任を取ると言っていますが、事故が起きても消費税増税と同じで「謝罪すればそれで済む」と思っています。
今の日本は危機的状態です。今国会で事実上議会制民主主義は否定されました。国民・市民は第二のフクシマがいつ起こるか危険にさらされています。この危機状態の回避は国会の解散・総選挙によって民意を問い、新たな出発をさせるしかありません。

合法ハーブは安直v林田力Wiki

吉田豪『サブカル・スーパースター鬱伝』はリリー・フランキーや大槻ケンジらサブカル界の著名人との対談集である。一見すると華やかに見える彼らも鬱病を体験している。著者は「サブカル文系男子は四十歳を越えると鬱になる」という仮説を立てている。
鬱病など心の病気は現代日本社会で大きく問題視されている。それでも、まだまだ後進的な日本社会では「個人の頑張りで乗りきれ」的な精神論が根強い。それは鬱病患者を一層苦しめることになる。
これに対して本書は鬱病を「四十代の通過儀礼」という形で普通に起こることと受け止めている。このような考え方で救われる人々は大勢存在するだろう。
本書で紹介された鬱病からの脱却体験談も健康的である。『新世紀エヴァンゲリオン』『機動戦士ガンダムSEED』などのアニメやモーニング娘。、食玩にはまることで改善したという体験談が紹介される。鬱病になるとエンターテイメントを楽しむ余裕もなくなることが多いが、現実逃避でもいいのでエンターテイメントの世界に浸かることが有効である。
もちろん、精神科医の診療も受けているが、抗鬱剤などの薬漬けには消極的評価を下している。反対に「鬱病患者の増大は(製薬会社の)企業戦略が絡んでいるかも」という大胆な推測もなされている。61ページ。
「薬を飲むのがよくない」「抗鬱剤とか睡眠薬とか飲んでいると余計体調悪い」。137ページ。実際、抗鬱剤の副作用でブクブク太ってしまったという告白を目にしたことがある。
鬱病になることは決して悪いことではない。本書では四十代を念頭に置いているが、若年層の心の病も多い。それだけ現代日本社会で生きることは不安や葛藤が大きいことを示している。問題は安直な方法で不安や葛藤から逃れる傾向が一部に見られることである。ハーブなどの脱法ドラッグで一時的にハイになるなどである。脱法ドラッグによる死亡や後遺症など深刻な健康被害が続発している。
本書でも薬物に逃避する弱い心理状態には理解(支持ではない)を示している。186ページ。その中ような状況の中で、鬱と向き合った人生の先達の言葉には大きな価値がある。林田力
http://hayariki.net/

柏市旭町のネット通販業者の脱法ハーブから指定薬物

柏市旭町を住所として表示するネット通販業者の脱法ハーブから指定薬物が検出された。これは薬事法違反である。脱法ハーブは「合法ハーブ」と称されているが、実態は違法ハーブであった。東京都が発表した。
ネット通販業者の柏市旭町の住所は別の脱法ハーブのネット通販業者の住所にもなっている。怪しさ満点の業者である。この住所は私書箱業者の住所であり、詐欺商法や出会い系も同じ住所を使用していると悪質商法糾弾のブログで指摘されている。
http://hayariki.net/

2012年8月18日土曜日

指定薬物を含有する違法ドラッグの発見について

東京都福祉保健局「指定薬物を含有する違法ドラッグの発見について〜麻薬・大麻・覚せい剤類似成分を検出〜」2012年2月28日
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2012/02/20m2s200.htm

指定薬物を含有する違法ドラッグの発見について〜麻薬・大麻・覚せい剤類似成分を検出〜
平成24年2月28日
福祉保健局
 都では、違法・脱法ドラッグ※1による健康被害の発生を未然に防止するため、都内で流通、販売される製品の試買調査及び成分検査を行っています。
 今般、都内の販売店及びインターネット通信販売から購入した製品の試験検査を行ったところ、下記11製品から薬事法第2条第14項において規定する「指定薬物※2」が検出されました。
 「指定薬物」を医療用途等の目的以外で販売することは薬事法で禁止されているため、都は販売業者に対し、製品の販売中止及び自主回収等を指示しました。
 当該製品をお持ちの方は、直ちに使用を中止し、健康被害が疑われる場合には、速やかに医療機関を受診してください。
 なお、これまでに国内において、当該製品の摂取による健康被害発生の情報は得ておりません。

薬事法違反製品の概要
(1)製品名 MONSTER King
性状(内容量)植物片と微粉末の混合物(1包3.0グラム入り)
製造(輸入)者 不明(製品に表示がなされていない)
販売店舗名称 池袋420
所在地 豊島区東池袋1−42−7 ハセガワビル2階
購入方法 店頭にて直接購入
検出成分 1包中「AM2201※3」を1.6ミリグラム検出

(2)製品名 Jamaican Gold EXTREME
性状(内容量) 植物片と微粉末の混合物(1包3.6グラム入り)
製造(輸入)者 不明(製品に表示がなされていない)
販売店舗 名称 ART TRICK 代官山店
所在地 渋谷区代官山町19−10 加藤ビル2階
購入方法 店頭にて直接購入
検出成分 1包中「AM2201※3」を2.4ミリグラム検出

(3)製品名 Miracle(GT Miracleとも称されている)
性状(内容量) 液体(1本5.8ミリリットル)
製造(輸入)者 不明(製品に表示がなされていない)
販売店舗名称 ART TRICK 代官山店
所在地 渋谷区代官山町19−10 加藤ビル2階
購入方法 店頭にて直接購入
検出成分 1本中「4FMP※4」を12ミリグラム検出

(4)製品名 LILITH
性状(内容量)液体(1本5.8ミリリットル)
製造(輸入)者 不明(製品に表示がなされていない)
販売店舗名称 ART TRICK 代官山店
所在地 渋谷区代官山町19−10 加藤ビル2階
購入方法 店頭にて直接購入
検出成分 1本中「4FMP※4」を11ミリグラム検出

(5)製品名 GT Misty
性状(内容量) 液体(1本6.0ミリリットル)
製造(輸入)者 不明(製品に表示がなされていない)
販売店舗 名称 PARADISE(SHUFFLE錦糸町)
所在地 墨田区江東橋2−17−2 第二山二ビル地下1階
購入方法 店頭にて直接購入
検出成分 1本中「4FMP※4」を5.8ミリグラム検出

(6)製品名 X
性状(内容量)植物片と微粉末の混合物(1包2.7グラム入り)
製造(輸入)者 不明(製品に表示がなされていない)
販売店舗名称 シンクロ
所在地 渋谷区道玄坂2−17−6
購入方法 店頭にて直接購入
検出成分 1包中「AM2201※3」を0.7ミリグラム、「JWH−018※5」を0.2ミリグラム検出

(7)製品名 DAEMON HOWLING
性状(内容量)植物片と微粉末の混合物(1包3.0グラム入り)
製造(輸入)者 不明(製品に表示がなされていない)
販売店舗 名称 ハートオブハーブ
所在地 杉並区方南1−43−11 (特定商取引に関する法律に基づく表示)
購入方法 インターネット通信販売にて購入
検出成分 1包中「AM2201※3」を1.5ミリグラム検出

(8)製品名 TRY DRY
性状(内容量) 液体(1本4.8ミリリットル)
製造(輸入)者 不明(製品に表示がなされていない)
販売店舗名称 ハートオブハーブ
所在地 杉並区方南1−43−11 (特定商取引に関する法律に基づく表示)
購入方法 インターネット通信販売にて購入
検出成分 1本中「エトカチノン※6」を18ミリグラム、「4−メチルエトカチノン※7」を19ミリグラム検出

(9)製品名 TARGET
性状(内容量)植物片と微粉末の混合物(1包3.0グラム入り)
製造(輸入)者 DIOSNET Co.,Ltd.
販売店舗名称 瞑想堂
所在地 北海道札幌市中央区南2条西7−1−5 2,7BLD2階 (特定商取引に関する法律に基づく表示)
購入方法 インターネット通信販売にて購入
検出成分 1包中「JWH−203※8」を480ミリグラム検出

(10)製品名 白虎
性状(内容量)植物片と微粉末の混合物(1包3.2グラム入り)
製造(輸入)者 不明(製品に表示がなされていない)
販売店舗名称 粉屋
所在地 千葉県柏市旭町1−3−1−403 (特定商取引に関する法律に基づく表示)
購入方法 インターネット通信販売にて購入
検出成分 1包中「AM694※9」を0.5ミリグラム検出

(11)製品名 ハッピーモア香
性状(内容量)粉末(1本0.3グラム入り)
製造(輸入)者 不明(製品に表示がなされていない)
販売店舗名称 粉屋
所在地 千葉県柏市旭町1−3−1−403 (特定商取引に関する法律に基づく表示)
購入方法 インターネット通信販売にて購入
検出成分 1本中「AM694※9」を1.6ミリグラム検出

試験検査機関  東京都健康安全研究センター

違反の事実及び適用条文
 薬事法第2条第14項で定める指定薬物を含有する違法ドラッグを販売したことは、同法第76条の4(販売、授与、販売又は授与を目的とする貯蔵若しくは陳列等の禁止)の規定に違反する。

都民の皆様へ
違法・脱法ドラッグについては、使用がやめられなくなったり、死亡例を含む健康被害や異常行動を起こす場合があり、大変危険です。決して摂取又は使用しないでください。
また、薬事法に基づき「指定薬物」に指定されたものについては、製造、輸入及び販売等が原則禁止されており、個人輸入でも処罰されます。
当該品をお持ちの方は、直ちに使用を中止し、健康被害が疑われる場合には、速やかに医療機関を受診してください。
「合法ドラッグ」「合法ハーブ」「脱法ドラッグ」「脱法ハーブ」と称して販売されている製品であっても、どのような物質が含まれているか不明な製品が多く、合法であるとは限りません。また、身体に有害な作用を及ぼす物質が含まれているおそれが高く大変危険です。絶対に使用しないでください。

都の対応
1.販売業者に対し立入検査等を実施し、製品の販売中止及び自主回収等を指示しました。また、他道県に所在する販売業者に関しては、所管する北海道庁及び千葉県庁に通報しました。
2.福祉保健局ホームページに製品名等を掲載し、摂取による危険性等を都民に周知します。
 都は、今後も試買事業等を通じて成分検査、指導及び取締りを強化し、違反品の早期発見及び流通防止に努めていきます。

なさざる人々の嫉妬v林田力Wiki記者

「なさざる人々の嫉妬」という点は面白いです。デモが警官隊と衝突した方がニュース記事になります。だから主催者が解散を宣言して散会してしまったならば、自分達の活躍の場はなく、嫉妬するしかないとなります。あれだけの規模のデモが行われたことをストレートに評価するなど書き方はいくらでもあります。
デモ参加者は主催者のために集まった訳ではないという意見があります。しかし、これは現行のデモの制度を無視しています。主催者の立場では散会を求めることは当然になります。
デモ参加者が数で警官隊を圧倒していたのだから、大人しく解散する必要はなかったとの指摘もありますが、その考えでは警官隊が優勢な通常のデモでは警官隊が好きに弾圧しても文句を言えなくなります。デモを否定する危険な論理です。
海外では大規模デモが起きれば警官隊との衝突の一つや二つ起きてもおかしくないことは確かです。日本が異常であり、日本人の奴隷根性を批判することはできます。しかし、問題は扇動者に自分自身が逮捕されて投獄される覚悟があるかという点です。何度も逮捕されている活動家の批判ならば説得力があります。一方で自らをジャーナリストという傍観者と位置付ける人々の批判ならば、そもそも次元が異なります。
藤本ひとみのフランス革命の小説を連想します。民衆を「武器を取れ」と扇動し、バスチーユ襲撃の火付け役となったデムーランという革命家が登場します。しかし、彼自身はバスチーユには向かいません。「殺されるのは民衆の役目」と高みの見物を決め込みます(尚、これは小説で描かれたデムーランの話です。史実のデムーランはロベスピエール独裁に抵抗するリベラルな面があります)。デモ解散批判者の主張には、この種の嫌らしさを感じます。林田力
http://hayariki.net/

林田力『東急不動産だまし売り裁判』夏山

林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』(ロゴス社)は夏山に吹き抜ける風のように爽やかであった。林田力は並の俗物とは異なる。適当な落としどころを探るどころか、売買代金返還の本懐を成就させた。
ひたすら消費者の権利擁護に燃える東急不動産だまし売り被害者に立ちはだかられては、貧困ビジネスのゼロゼロ物件業者は恥ずかしくて、恥ずかしくて、もとより正対することさえできない。東急リバブル東急不動産やゼロゼロ物件業者は滅ぶべきである。その猛威を前にして手をこまねいてはいられない。東急不動産やゼロゼロ物件業者は家の大黒柱を蝕む白蟻にたとえることができる。家が倒壊する前に断固として排除しなければならない。
http://hayariki.net/

ゼロゼロ物件業者の差別v林田力Wiki

ゼロゼロ物件業者が民族差別、人種差別をしていると指摘された。ゼロゼロ物件は貧困者を搾取する貧困ビジネスとして社会問題になっている。このためにゼロゼロ物件は消費者運動家や市民運動家から批判され、告発されている。
ところが、匿名掲示板ではゼロゼロ物件業者を擁護する立場からゼロゼロ物件告発者が在日韓国朝鮮人であると決め付ける卑怯な投稿がなされた。ゼロゼロ物件を擁護する人物が、在日韓国朝鮮人をどのように考えているか分かる投稿である。ゼロゼロ物件擁護者にとって都合の悪い人物は全て在日になる。
ゼロゼロ物件は保証人不要などを宣伝文句に在日外国人も誘引する。しかし、その実態は差別主義レイシズムに染まっている。貧困者を対象とする貧困ビジネスは貧困者の敵である。同様にゼロゼロ物件は在日外国人の敵でもある。
卑怯な民族差別を繰り返すゼロゼロ物件業者は決して愛国者ではない。ゼロゼロ物件の差別対象は在日のみではなく、日本人も含まれる。もともと日本人であってもゼロゼロ物件被害の告発者は在日と決め付けるゼロゼロ物件業者である。日本を愛しているはずがない。このゼロゼロ物件業者では客によって初期費用を高く設定するという差別的扱いが指摘されている。
http://hayariki.net/

信長協奏曲7巻v=?iso-2022-jp?B?GyRCTlNFRE5PGyhC?=W iki=?iso-2022-jp?B?GyRCJWwlUyVlITwbKEI=?=

『信長協奏曲7巻』は姉川の合戦の勝利後から始まる。姉川の合戦には勝利したものの、第一次信長包囲網が形成され、依然として厳しい情勢である。第一次信長包囲網では武将だけでなく、比叡山延暦寺や石山本願寺も敵に回る。信長には延暦寺焼き討ちや一向一揆弾圧など仏教勢力と激しく対立した印象が強いが、『信長協奏曲』の信長には仏教勢力への憎しみはない。反対に何故、仏教勢力から敵対されるのか理解できないと不思議に思っているほどである。
『信長協奏曲』は史実に沿って物語が展開するが、登場人物の心情は歴史イメージとギャップがある。それが微笑ましい。羽柴秀吉を忠誠心ゼロの腹黒い野心家と描き、意表を突いた。この巻でも要領のよい秘書とのイメージのある森蘭丸が、弟の棒丸、力丸に振り回される損な立場に描かれている。林田力
http://hayariki.net/

2012年8月17日金曜日

進撃の巨人8巻v=?iso-2022-jp?B?GyRCTlNFRE5PGyhC?=W iki=?iso-2022-jp?B?GyRCJWwlUyVlITwbKEI=?=

『進撃の巨人』8巻では人間社会の腐敗が描かれる。エリート部隊であるはずの憲兵団は『機動戦士ガンダム』の地球連邦軍のように腐敗していた。人類の敵である巨人と戦う物語であったが、その戦いが腐敗した体制の延命に寄与することになると考えるとバカらしくなる。この点も『機動戦士ガンダム』と共通する。初期ガンダムでは主人公が結果的に腐敗した連邦の歯車になっていることがフラストレーションのたまるところであった。このため、比較的新しいシリーズでは主人公が連邦軍を抜けるなど自立性を高めている。
『進撃の巨人』でもアルミン達はエレンを守るために独自の行動をとる。この点で組織に縛られない現代人である。それによって体制の欺瞞が明らかになったものの、調査兵団の独断専行は結果オーライと扱われ、体制側との対決は回避された。モヤモヤ感が残るものの、新たな巨人の脅威に直面する。林田力
http://hayariki.net/

2012年8月16日木曜日

悪徳不動産業者の声

悪徳不動産業者の声は北極から流れてきた氷山よりも冷たい。悪徳不動産業者は他人の誇りを傷つけることでしか自分の存在を確認できない。悪徳不動産業者の一語ごとに毒液が滴り落ちるようであった。寒々しく陰気で威圧的な二子玉川ライズは、まるで巨大な墓石のようであった。東急不動産工作員は阿片中毒者の妄想にだって出てこないような醜悪な生物であった。その心には人を害せずにはいられない魔物が棲んでいる。
http://hayariki.net/

ゼロゼロ物件で健康被害v林田力Wiki

ゼロゼロ物件居住者の健康被害が懸念される。ゼロゼロ物件は賃借人を搾取する貧困ビジネスである。内見をさせずに契約を迫り、重要事項説明義務を果たさず、様々な名目で料金を請求する。宅地建物取引業法違反で業務停止処分を受けたが、名前や代表者を変え、宅建業の免許番号を取り直す悪質なゼロゼロ物件業者もいる。まるでゼロゼロ物件業者は不動産業界のゴキブリのようである。
ゼロゼロ物件はトラブルが多いが、入居者の健康被害もクローズアップされている。貸し物件ではなく瑕疵物件と批判されるような劣悪な住居が住人の健康を損なっている。ゼロゼロ物件入居中から転居後まで継続的に施術してきたカイロプラクティック院長(カイロプラクター)は、ゼロゼロ物件から転居後の方が健康になったと指摘する。『居住福祉』でも住環境が良くなったことで健康になった事例がまとめられている。東急不動産だまし売り被害者の林田力も東急不動産だまし売りマンションを出たことで健康になった。
http://hayariki.net/

2012年8月15日水曜日

『三国志40人の名脇役』v 林田力 wiki記者レビュー

『三国志』は長い物語であり、人気の割に結末は知られていない。魏呉蜀の「三国志」になる前の方が物語は印象深い。諸葛孔明は劉備亡き後も劉備の遺志を継ぎ、魏と戦うが、陣没する。孔明の死を知り、司馬仲達は攻撃を開始するが、孔明が指示した策略で仲達は逃げ帰り、罷免される。仲達は仮病を使って油断をさせて魏を乗っ取る。仲達は73歳で病死する。
劉備の息子の劉禅は遊び呆けており、攻め込んだ魏軍に投降する。これによって蜀漢は滅亡する。最後は魏の司馬一族が晋を建国する。劉禅は悪い君主ではないものの、人に惑わされやすいようである。しかし、生き延びて安楽県の安楽公になり、殺されずに済んだため、良いところもあるのだろう。この点がマンションだまし売りの東急リバブル東急不動産や貧困ビジネスのゼロゼロ物件業者とは相違する。
http://www.hayariki.net/4/18.htm
渡辺精一『三国志40人の名脇役』(二玄社、2012年)は三国志の脇役達にスポットライトを当てた書籍である。『三国志演義』をベースにしながらも、正史の三国志と対比して人物像に厚みを持たせている。著者は『心に響く三国志』など三国志関係の作品を書いている。

三国志と言えば劉備、関羽、張飛の義兄弟や諸葛孔明、曹操、孫権が思い浮かぶ。しかし、彼ら以外にも三国志には個性的な登場人物で溢れている。むしろ『水滸伝』と並び、登場人物の多さに誰が誰だか分からなくなる読者も出るほどである。その大勢の登場人物は単なる主役の引き立て役では終わっていない。個性的な登場人物が数多く存在する点も三国志の魅力である。

『三国志40人の名脇役』では関羽・張飛と並び立つ武将・趙雲や諸葛孔明と争った呉の軍師・周瑜ら誰もが脇役として思い浮かべる有名人が登場する。加えて黄巾の乱の首謀者の宗教家・張角、歌姫・貂蝉、名医・華佗ら群雄・武将・軍師以外の人物も取り上げる。歴史は政治史だけではない。むしろ近年の歴史学では民衆史や社会史が重視されており、その傾向に本書の視点も重なる。

本書で興味を覚えた人物は孔子の子孫とされる孔融である。劉備を攻撃しようとする曹操を「至って不仁なる者が至って仁なる者を討って勝てる訳がない」と戒める。曹操は激怒し、処刑されてしまう(170頁)。儒教倫理を体現する孔融と「乱世の奸雄」と評された曹操は相容れなかった。

『三国志40人の名脇役』では孔融を「生まれた時代が彼と会っていなかった」と消極的に評価する。しかし、劉備を善玉、曹操を悪玉とする『三国志演義』の価値観に立つならば孔融の言動は筋を貫いたものである。

林田力は東急不動産から不利益事実を隠してマンションをだまし売りされ、裁判で売買代金を取り戻した経験がある(林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』ロゴス社)。大企業に泣き寝入りせず、消費者契約法による売買契約取り消しを貫いた立場から孔融のような人物に共感する。

放射脳は貧困ビジネスv林田力wiki記者

放射脳は貧困ビジネスである。放射脳とは福島第一原発事故で脱原発に目覚めたものの、何でもかんでも「放射能が悪い」という思考に走るようになった人々である。放射脳は被災者・原発許容派への差別的発言・中傷やデマ情報の拡散を繰り返す。

たとえば「福島で鼻血を出す子が続出し、下痢、頭痛が止まらない子が大勢いる」「娘の友達が何人も白血病の初期症状と診断され、甲状腺の異常が見つかった」などのデマを拡散する。この放射脳は薄汚い金儲けと結びついている。

放射脳は放射能危険デマで不安を煽り、安物のガイガーカウンターを売り付ける。安物のガイガーカウンターでは正確な測定ができないと国民生活センターが注意喚起している。国民生活センターは2011年9月8日に「比較的安価な放射線測定器の性能」の調査結果を発表した。環境中の微量の放射線や食品・飲料水等が暫定規制値以下であるかの判定はできないとしている。また、充電器にPSEマークの表示がなく、プラグの栓刃に穴がないなど電気用品安全法に抵触する恐れのある製品もある。

より悪質な事例もある。ゼロゼロ物件詐欺などでフリーターなどの貧困者を食い物にしてきた都内の悪徳不動産業者が、被災者・避難者向け賃貸住宅に力を入れている。根拠のない放射能汚染をTwitterなどで拡散し、福島県民らの不安を煽り立てている。自主避難を勧めて劣悪なゼロゼロ物件に住まわせる算段である。過去に宅地建物取引業法違反で業務停止処分を受けたような業者もいる。賃貸借契約書に記載のない退室立会費を徴収するなどのトラブルがある。

放射脳を盲信すると貧困ビジネスのカモになる。もともとゼロゼロ物件業者は非正規労働者などをカモにしていたが、社会問題となり、ゼロゼロ物件の悪質性は知れ渡った。宅建業法違反で業務停止処分を受けたゼロゼロ物件業者もいる。そこで東日本大震災をビジネスチャンスとし、自主避難者を新たなカモにした。

放射脳はカルトとの類似性が指摘される。ワーワー教とも呼ばれている。放射脳とカルトの共通性は盲信という点に負っているが、もう一つの共通点もある。それは悪徳商法である。カルトの多くは霊感商法など金儲けと結び付いている。ガイガーカウンターやゼロゼロ物件詐欺など放射脳も悪徳商法と結びついている。

放射脳は脱原発に有害である。管見は、放射能は微量であっても避けるべきとの立場である(林田力「福島第一原発事故の被曝と医療被曝の比較はナンセンス」PJニュース2011年3月22日)。避難の権利は保障されるべきとも主張してきた。しかし、避難の権利は住み続ける権利の裏返しである。それ故に九州などでの一部の自主避難者の放射脳グループの活動には怒りを覚える。あくまで一部であり、自主避難者全体に一般化するつもりはない。

彼らは福島に残っている人々を愚か者呼ばわりし、放射能は危険とのデマを撒き散らす。中には惨めな生活から逃げる口実として「自主避難」を持ち出した輩もいる。自主避難者というよりも夜逃げ者である。言わば人生をリセットする感覚での自主避難である。

当然のことながら自主避難したところで惨めな生活から抜け出せるわけではない。むしろ、もっと惨めになる可能性が高い。土地を追われた農民が鉄鎖の他には失うものは何もないプロレタリア階級になったことは歴史が示している。そのような彼らが自主避難という転落人生に至る要因を正しいと自己正当化するためには福島や東北・関東が人の住めない土地でなければならない。そのためにデマを拡散する。

北九州市での暴力的な被災地の瓦礫受け入れ阻止行動には彼らの異常性が現れている。熊本県宇城市では公共施設「海のピラミッド」が脱原発派に私物化されている(林田力『二子玉川ライズ反対運動2』107頁)。これらは保守派に脱原発の運動はエゴイズムであると格好の攻撃材料を与えることになる。

たとえば「安心とか不安というこの漠たる気分を赴くままにしているのであれば、日本と言う国土の上で生きていくことは難しい」とガレキ受け入れ阻止を批判する見解がある(渡辺利夫「強靭なる諦観の哲学を提示する知者、出でよ」国家安全保障危機学会『安全保障と危機管理』20号、2012年)

既に反発は力を得ている。東京電力福島第1原発事故による放射能汚染に関して「根拠のない暴言を繰り返した」などとして群馬県桐生市議会は2012年6月20日、同市議の庭山由紀氏(無所属)の除名を求める懲罰動議を可決した。地方自治法の規定により庭山氏は同日付で議員を失職した。

動議などによると、庭山氏は2011年12月にTwitterに「毒物作る農家の苦労なんて理解できません」などと書き込み、農業団体から抗議を受けた。2012年5月25日に桐生市を訪れた献血車に対し、「放射能汚染地域に住む人の血って、ほしいですか?」などとTwitterに書き込み、これまでに同市議会に747件の苦情や抗議が寄せられた(「<桐生市議>失職 放射能巡り暴言、ツイッターに書き込み」毎日新聞2012年6月20日)。

また、脱原発派のエゴイズムを揶揄するジョークも流布されている。以下はファーストフードでの会話である。

放射脳のデモ参加者「デモ割お願いします」

店員「すいませんが、そのようなサービスは行っておりません」

デモ参加者「じゃあ飲み物一杯くらいサービスしなさいよ」

バイト「すいません」

デモ参加者「あなた原発推進派ね!店長出しなさい!」
http://www.hayariki.net/3/50.htm
奇しくも熊本などでは平成24年(2012年)7月九州北部豪雨が襲った。2012年7月12日未明大雨により阿蘇市で1時間雨量で106ミリ、菊池市で71ミリの雨が降った。市街地を流れる白川が氾濫し、街が水浸しになり、河川沿いを中心に多数の避難者が出た。

これは記録的大雨として報道されたが、もともと九州は台風の通り道であり、水害も少なくない。1957年の諫早豪雨でも熊本県は死者行方不明者160人以上を出している(三上岳彦『都市型集中豪雨はなぜ起こる? 台風でも前線でもない大雨の正体』(技術評論社、1998年、76頁)。

九州は福島第一原発事故の自主避難者も多いが、拙速な自主避難が裏目に出た人もいるだろう。水害の激化はコンクリート化が原因であり、開発がもたらした環境問題である。水害という身近な災害への対応でも放射脳が「放射能怖い」と言うだけの底の浅いものであるか、見極めることができる。

月蝕島の魔物v林田力Wiki記者レビュー

田中芳樹『月蝕島の魔物』はヴィクトリア朝イギリスを舞台とした小説である。主要キャラクターにディケンズやアンデルセンという文豪がおり、ディズレーリやグラッドストンという英国二大政党性の礎を築いた政治家も登場する。主人公はクリミア戦争からの帰還兵である。
歴史ファンにはたまらない舞台設定である。ヴィクトリア朝は大英帝国の黄金期であるが、繁栄の負の面を直視しており、田中芳樹らしい社会性がある。冒頭からクリミア戦争に従軍した兵士の悲惨さが描かれる。軍上層部の無能が戦場での兵士の病死を増大させた。
主人公がイギリス人であることに誇りを抱く理由として、女王陛下や王族であっても批判できる言論の自由があることを挙げる。これは菊タブーに侵された現代日本への痛烈な皮肉になる。
軽い読み物であるが、社会問題も扱っている。大地主などの有力者が家族経営の農民や小作人などを追い出して土地を独占する強制移住である。追い出された人々は生活手段を失い、貧困層となり、格差が拡大する。これは東急電鉄による住民追い出しが行われている東急大井町線高架下と同じである。住まいは人権、居住の権利が普遍的な価値を持つことを再確認した。林田力
http://hayariki.net/

2012年8月13日月曜日

林田力『東急不動産だまし売り裁判』豊潤

林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』は何と切なく、何と豊潤に読む者の想像力を掻き立てることか。『東急不動産だまし売り裁判』は夏の光が結晶化したような生気に溢れている。『東急不動産だまし売り裁判』ほど気分をよくする書籍もない。読者は蜂蜜を舐めた熊も同然であった。林田力には弱者に共感を抱き、強者の横暴を糾弾する姿勢がある。林田力の心は貴い。林田力の涙も尊い。
東急不動産の卑劣な言い訳は砂浜に棒きれで書かれた文字と変わらなかった。波が一つ来ただけで消えてしまう。東急リバブル東急不動産や貧困ビジネスのゼロゼロ物件業者は地獄で永遠の業火に焼かれることが相当である。
http://hayariki.net/

【転載】外環ネット国土交通省宛質問書

質問項目関係官庁御中
2012年8月1日
外環道7区市ネットワーク(外環ネット)
大塚康高

私たち外環ネットは、外環沿線7区市の住民グループで構成され、2001年に開催された国交省による説明会以来、東京外かく環状道路(以下、外環道と表記)問題と取り組んできました。
外環道に関しては、国交省・都の説明会、各地で行われた地域課題検討会などの場で、多くの課題が提起されたにもかかわらず、いまに至るまで納得のいく回答を国交省から得ていません。現在、東名JCT地区で準備工事が始まっています。この機会に、住民への説明責任をしっかり果たすよう、要望します。
なお、私たちは、昨年12月に国土交通大臣に宛て、1兆2820億円にのぼるという外環道予算を、東日本大震災復興のために振り向けるよう、強く要望する文書を提出しています。不要、不急の外環道予算を、是非、東日本大震災復興に役立てていただきたい。
同時に、我々は、福島第1原子力発電所の事故が、国民の生活を、国のあり方を見直す大きな機会をもたらしたと考えます。従来型の公共事業による経済活性化ではなく、省エネルギー社会の創造に取り組む時です。原発立地自治体には、再生可能エネルギーの開発などに関連して予算を投入することで、産業基盤、生活基盤を支えるべきと考えます。そのためにも、外環道予算を役立てるよう、要望します。

●以下に、これまで納得のいく答えがなかった事項につき、質問(   内に表記)します。
2012年8月15日までに文書による回答をお願いします。8月21日には、回答いただいた内容に関し、更に質疑を行いますので、よろしくお願いいたします。

I.課題検討会開催地区での説明会開催
沿線各地で「地域課題検討会」に参加した市民、傍聴した市民から、「対応の方針」がどのように実現するのか、その答えを聞きたいとの要望が多数寄せられています。
1年に及ぶ「地域課題検討会」は、PIの一環として、国・都により取り組まれたものであり、そこから作成された「対応の方針」がどのように実現していくのか、国・都は責任を持って当該自治体の「地域課題検討会」宛に説明すべきことです。
すでに準備工事が始まっている現在、国交省は、住民への説明責任を果たすため、一刻も早い説明会の開催を求めます

(I—1)課題検討会開催地区での説明会は、何時開催されるのか。具体的な日程を示すこと。
http://hayariki.net/0/38.htm

【転載】8月21日 外環道・院内集会のお知らせ

世田谷成城の金子秀人です。
外環道の工事は、東名脇立坑掘削現場から始っています。
これは、以南延伸用に設計した(実は完成後も供用できない)本坑と東名高速を直に接続して、時速100キロ(理論値)で本坑土砂を排出させて練馬・大泉方面に掘り進む、という途方もない方式のための工事です。
おそらく、土木の専門家でも、このような施工法がとられることは想像しなかったと思います。
従って、国は"準備工事"と称していますが、工事にそのような区別はなく、国道事務所は、最先端の工事指揮所として、工事の具体以外にはなにも答えられない、というありかたで業務が進んでいます。
しかし、実際問題として、外環道には未知の課題が山積しています。国道事務所は、工事そのものの具体以外には説明が行えず、沿線住民の不安は日々大きくなっています。
そこで、7つの沿線区市の住民団体は協働して、参議院議員の大河原雅子さんのご助力を仰ぎ、その国政調査権を活用した国交省等への質問集会を参議院会館内の大会議室で行う運びとなりました。
添付した「質問書」は、すでに大河原事務所より国交省等にもわたっています。また、今般は、世田谷の工事現場から基準を上回る濃度の特定有害物質「鉛」が検出され、世田谷区の地の歴史と深い相関を持つ由々しい問題も出来しているため、事態究明の途中ではありますが、環境省の意見も求めることにしています。
外環道の位置づけ(目的)を都と国は、沿線地域を産業地盤化することにおいています。農地などは動産のように売却できるよう、農地法すら変えよという勢いです。そういう中で、沿線である世田谷各地で行われている「街づくり」などがどう変質を迫られるのか、「環八渋滞解消説」の真偽はどうなのかなど、他人事ではありませんので、この機会にぜひ「8月21日/外環道・院内質問集会」にご出席いただけますよう、お誘いいたします。
今、世田谷に何が起こっているのか、実にじれったい思いをおさえつつ。
http://hayariki.net/0/faqindex.htm

ゼロゼロ物件業者がSLAPPかv=?iso-2022-jp?B?GyRCTlNFRE5PGyhC?=W iki

貧困ビジネスのゼロゼロ物件業者に恫喝訴訟SLAPPの動きがあると指摘された。ゼロゼロ物件業者は内見をさせずに契約を迫る、重要事項説明義務を果たさない、敷金礼金0円と称しながら様々な名目で料金を徴収するなど様々な問題が起きている。
消費者運動家や市民運動家らからゼロゼロ物件業者が批判されることも当然である。ところが、ゼロゼロ物件業者は反省するどころか、恫喝訴訟によって言論弾圧の動きを見せていると指摘された。不都合な事実を隠蔽しようとするゼロゼロ物件業者を許してはならない。林田力
http://hayariki.net/

2012年8月12日日曜日

富岡八幡宮本祭り

今年は富岡八幡宮本祭りである。東陽一丁目では町会会館を新築して初めて迎える本祭りである。山車には洲崎という旧町名が書かれている。法被の色は東陽一丁目が紺、二丁目が灰色、三丁目が青である。
先頭は深浜。漁師街。いつもは最後尾であったが、今回は先頭になった。
清澄二丁目は深緑の法被。清澄三丁目は草色の法被。背中に赤字で清澄と書かれている。
深川一丁目は紺の法被。背中に深一と書かれている。
深川二丁目南は東陽三丁目の交差点で大きく回って二周した。
冬木の法被背中に赤字では木冬と書かれている。

銀魂ビームサーベ流v林田力wiki

銀魂のビームサーベ流編が完結した。この話は米国のSF映画大作『スターウォーズ』のパロディである。主要なキャラクターはオビワン・ケノービを連想させる名前である。また、ジェダイ・マスターのヨーダのような外観の宇宙人(天人)も登場する。
一方でパロディとしての捻りは浅い。問題はヨーダ風の宇宙人が悪役で終わっていることである。夜王のようなスケールの大きな悪役ではなく、ちんけな悪役である。これは『スターウォーズ』ファンには面白くない。
『銀魂』にも事情がある。『スターウォーズ』の有名な悪役と言えばダースベイダーである。『ドラえもん』でもアッカンベーダーというパロディのキャラクターが作られるほどである。しかし、既に『銀魂』ではエリザベス編でダースベイダーをパロディしたキャラクター米陀が登場している。このためにダースベイダーは悪役として使えない。だからといってヨーダを何の哲学も持たない悪役に使うことはどうかと考える。
エリザベス編は『スターウォーズ』以上に『起動戦士ガンダム』のパロディが濃厚である。そこでも敵勢力をガンダムでは主人公サイドの連邦軍になぞらえるなど、敵味方が逆転していた。これはガンダムを深く理解した上でのパロディとして成立している。連邦は主人公サイドであるが、腐敗と人民抑圧の典型的な官僚組織である。敵軍であるジオンの主張に正論が含まれ、ジオンに感情移入する視聴者も少なくない。
実際、アムロ・レイの活躍も結果的に腐敗した連邦の延命に寄与することになり、物語としてはフラストレーションが蓄積する。だから、後期のOVAでは主人公は連邦サイドでもジオンに華を持たせている。スターダストでは連邦の腐敗とジオンの栄光を描いた。シロー・アマダはジオン兵と理解しあい、連邦軍を抜ける。ユニコーンでは連邦成立時からの欺瞞を暴く。
故に連邦を敵と重ね合わせる銀魂のパロディも面白い。これに対して『スターウォーズ』のパロディは表面的に楽しむものである。林田力
http://hayariki.net/

2012年8月11日土曜日

深川八幡祭り v 林田力 wiki

江東区門前仲町にある富岡八幡宮の深川八幡祭り(富岡八幡宮例大祭)が2008年8月13日から17日にかけて開催された。2008年は3年に一度の本祭りにあたる。日枝神社の山王祭や神田明神の神田祭とともに江戸三大祭の一つである。

8月16日は神幸祭鳳輦渡御(しんこうさいほうれんとぎょ)が行われた。御鳳輦が各町内を渡御し、各町内に設けられた神酒所では舞姫が神楽舞を奉奏する。この日は、子ども神輿や山車が町内を巡幸した。林田力の家の前も通過した。町内のどこかしこを通っており、家にいても掛け声や笛の音が聞こえるほど賑やかである。

8月17日はメインイベントと言うべき神輿連合渡御が行われた。大神輿55基が勢揃いして連合渡御する。氏子である各町会の54基の神輿に加え、今回は奥州平泉(岩手県平泉市)の神輿も参加した。氏子は深川界隈(門前仲町、木場、清澄白河)のみならず、枝川や豊洲、さらには中央区の新川、箱崎にまで広がっている。

連合渡御の朝は早い。担ぎ手は午前5時半に神酒所に集合し、神輿を担いで富岡八幡宮まで移動する。出発の花火を合図に連合渡御が始まる。永代通りを東進し、江東区西部を回って隅田川を渡り、中央区を南下して戻る約8キロメートルの行程である。

掛け声は「ワッショイ、ワッショイ」という伝統的なもので、担ぎ手は沿道から清めの水を浴びせられ、担ぎ手と観衆が一体となって盛り上がる。水掛けは活発に行われ、別名「水掛け祭」と呼ばれるほどである。

今年は一時的に強い雨が降ったり、17日は肌寒かったりと天気に恵まれた訳ではないが、祭りの活気に地域の伝統を維持する下町の活力を実感した。

前回の本祭りが行われた2005年は林田力が購入したマンションの売買代金返還を求めて東急不動産を提訴した年であった(林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』ロゴス社)。

林田力にとって東急不動産との裁判が地域との関係を深める契機になったとはいえ、当時は裁判中で祭りを楽しむというよりも勝訴を祈願する念が強かった。そのお蔭もあってか、東急不動産の消費者契約法違反が認定され、売買代金を取り戻すことができた。心から祭りを楽しめる状況に感謝したい(林田力「深川八幡祭り開催」オーマイニュース2008年8月21日)。
http://hayariki.net/poli/koto.html

富岡八幡宮例大祭v 林田力 wiki

富岡八幡宮例大祭(深川八幡祭り)が2012年8月に開催される。深川八幡祭りは日枝神社の山王祭や神田明神の神田祭とともに江戸三大祭の一つに数えられる。「神輿深川、山車神田、だだっ広いのが山王様」と言われ、神輿が自慢の祭りである。

掛け声は「ワッショイ、ワッショイ」という伝統的なもので、担ぎ手は沿道から清めの水を浴びせられ、担ぎ手と観衆が一体となって盛り上がる。水掛けは活発に行われ、別名「水掛け祭」と呼ばれるほどである(林田力「深川八幡祭りで二の宮神輿が東陽1丁目を巡幸」ツカサネット 新聞2009年8月21日)。
http://hayariki.ie-yasu.com/faqindex.htm
2012年は例大祭(本祭り)の年である。本来は2011年が例大祭であったが、東日本大震災により延期していた。今回は東日本大震災早期復興祈願を掲げている。東陽一丁目では町会会館を新築して初めて迎える本祭りである。山車には洲崎という旧町名が書かれている。山車の上には関羽の像がある。

ニセコイv林田力wiki

『ニセコイ』は週刊少年ジャンプに連載中のラブコメである。かつて少年ジャンプと言えばバトルに冒険にギャグという取り合わせであったが、いつの頃からか恋愛物の比重が大きくなった。超能力者の漫画で「恋愛ばかり」と揶揄されるほどである。
その中でも「ニセコイ」は安定感がある。「ニセコイ」は偽の恋という意味である。対外的にはカップルを演じなければならなくなった二人のドタバタを描く。恋愛模様がメインであるが、子どもの頃の約束という大きな伏線がストーリーを骨太にしている。また、ヤクザとギャングの子どもという現実離れした設定がコメディに磨きをかけている。林田力
http://hayariki.net/

悪徳不動産業者の見分け方

悪徳不動産業者の見分け方。代表者名をウェブサイトなどで表示していない不動産業者は怪しいので避けるべきである。建築不動産業界では名義貸しが横行している。宅建業法違反の行政処分歴のある不動産業者がダミーの代表者名で新たな会社にして世間の批判を逃れようとする姑息な例もある。
http://hayariki.net/

2012年8月10日金曜日

ワンピース67巻v=?iso-2022-jp?B?GyRCTlNFRE5PGyhC?=w iki=?iso-2022-jp?B?GyRCJWwlUyVlITwbKEI=?=

『ワンピース67巻』は新世界のパンクハザードという謎の島での冒険である。ルフィと謎の勢力の戦いだけでなく、世界政府海軍のスモーカーの部隊も加わり、物語は複雑度を増す。しかも、たしぎ大佐により、海軍上層部の不正の可能性が提示される。
スモーカーは正義を信奉する立場である。しかし、物語が進むにつれてスモーカーの属する世界政府海軍自体が実は人々を抑圧する諸悪の根源ではないかという可能性が生じてきた。そうなるとスモーカーは滑稽になる。スモーカーが正義を貫いたところで巨悪に利用される立場でしかないためである。スモーカーは海軍におけるルフィの好敵手という位置付けであるが、自由なルフィとの落差は拡大する。
しかし、この巻ではスモーカーは「完璧な組織など存在しない」「海軍に夢を見るな」と組織に幻想を抱いていないことを示した。組織に属しながらも、組織人間には成り下がっていない。魅力的なキャラクターになっている。林田力
http://hayariki.net/

2012年8月7日火曜日

スピリチュアルリーダーv林田力Wiki記者

「心と体の悩み解消プロジェクト」特別取材班『天とつながるあなたにしてくれるスピリチュアルリーダー』は、ヒーラーやチャネラー、気功師など日本全国のスピリチュアルリーダーを取材し、紹介した書籍である。
スピリチュアル系に対しては「そのようなものは信じない」という考え方がある。それは一つの考え方であるが、科学の権威を盲目的に信奉する科学信奉者も一つのカルトである。
タイトルに「天とつながる」とあるが、特定の宗教思想を示すものではない。人間を超越した力を意味している。人によっては仏陀であったり、天照大神であったり、イエス・キリストであったり、宇宙意思であったりする。一つの考え方を唯一絶対とする偏狭な思想ではない。様々なスピリチュアルリーダーの取材者として有意義な姿勢である。紹介されたスピリチュアルリーダーは皆、魅力的な人々である。中でも白澤伯典先生に興味を覚えた。先生は福島県郡山市で居住・活動している。福島第一原発事故後は「放射性物質の影響を受けないよう気のパワーを入れてほしい」などの依頼が増えているという。先生は「震災後に精神的、肉体的にかなりまいってしまった人が多かったので、その方々が元気になれるようサポートしてきました」と語る。49ページ。
これこそ本物のスピリチュアルリーダーである。残念なことに福島原発事故後に放射能の危険性デマを撒き散らす放射脳が横行している。福島県、さらには関東地方に居住する人々を愚か者呼ばわりするような品性下劣な自称自主避難者もいる。実際は惨めな生活を抜け出すリセット願望を叶えたいだけの夜逃げ同然の自主避難が間違っていたことを認めたくないために、福島県や関東地方が放射能で人の住めない土地ということにしたいだけである。
しかも悪質なことに放射脳は悪徳商法と結び付いている。不安を煽り、安物のガイガーカウンターを売り付け、または自主避難を勧めて瑕疵物件しかないという劣悪なゼロゼロ物件に住まわせる。
スピリチュアル界にも放射脳に加担する人が多い。そのために放射脳とカルトが共通して批判される。その中で福島県で活動する先生のような存在は貴重である。本書が指摘するように「心強い」ものである。49ページ。先生が不安を煽って法外な料金を要求する偽物を厳しく糾弾することは自然である。54ページ。
本書では相談者の体験談も収録されている。本書の性格上、成功例で占められること当然であるが、解決の方向性が興味深い。職場の人間関係の悩みを抱えた人の相談事例が複数掲載されている。上司がイヤな人間である、職場イジメを受けているなどである。どちらの相談者も相談後にイヤな上司や同僚が辞めるか異動してしまったことでハッピーになった。60ページ。75ページ。嫌な人間は消えてもらうことが幸せになる道となる。
スピリチュアルへの懸念として頑張ることを美徳とするような特殊日本的精神論と結び付きやすいことである。焼け野原から経済大国にするような前に進むだけのガンバリズムである。特殊日本的精神論では嫌な人間でも、過去の嫌な仕打ちを水に流して関係改善すべきとなりがちである。しかし、それは相談者を一層苦しめることになる。三上美子先生も「強くなれとか、自立しなさいといっても限界があります」と語る。87ページ。人間関係の改善ではなく、嫌な人間が目の前から消えたことを成功体験談と紹介する本書は特殊日本的精神論に汚染されていない。
滋賀県大津市の中学生自殺事件を契機にイジメ問題への関心が高まっている。そこには子どもを持つ親の不安だけでなく、学生時代のイジメによる心の傷を負った人々や今も職場イジメを受けている人々の怒りが結合したためである。
しかし、北本いじめ自殺裁判の東京地裁判決がイジメを一方的継続的ではないとしたように公の世界はピント外れである。本書が紹介する本物のスピリチュアルリーダーが社会のリーダーになれば人間を不幸にするシステムとまで酷評された日本社会も少しは人間らしくなると感じた。
伊藤友良先生はメールの代筆も行っている。「メールの返事が来ない」との相談を受けて、相談者のメールを確認したところ、日本語のレベルさえ怪しいもので返事が来ないことも納得であった。相手から返事が来るようなメール文章の代筆やアドバイスを行い、それが評判になった。
手紙などと比べるとメールは楽に出せる。だからと言って乱暴な文章で送って相手に理解させようとすることは愚か者のすることである。「メールは相手への気遣いが重要である。」115ページ。林田力
http://hayariki.net/

2012年8月5日日曜日

北本イジメ裁判控訴声明文

 この判決の誤りは、まず第一に、「一部いじめがあるとしても」と言っているが、一部いじめを認めているが、全体としては、「いじめはない」という結論を出した点です。
 文部科学省による「いじめ」の定義によれば、「いじめられている被害児童の立場に立って」いじめかどうかを判断しなければなりません。しかし、東京地裁判決は、いじめられていた佑美さんの視点から同級生によるいじめを判断していません。
 うざい・きもいとの言葉、靴隠し、トイレに連れて行き便器に顔を浸けられそうになるなど、これらはいじめの典型的な事例です。裁判所は、これらを「不愉快であったかもしれない」という程度にしか認定していません。
 心を傷つける言葉の投げかけという心理的ないじめが続くと、その与える精神的苦痛は計り知れないこと、圧倒的な行動によるいじめは抵抗する気力を失わせることなど、この裁判でも横湯教授、武田さち子氏など専門家などの鑑定意見を出してきましたが、そのような専門家の意見も全く検討された余地も伺われません。遺書には「死んだのはクラスの一部に勉強にテストのせいかも」と書かれていて、遺書そのものからでも、交換日記など、裁判での数々の証拠から考えても、いじめ以外の理由があるとは考えられず、単なる言葉だけを捉え、これら4人の裁判官(判決前に審理した裁判長は代わってしまいました)は佑美がいたたまれない、押しつぶされそうな苦しみに耐えていたことへの共感と配慮が全くなされていません。
 死人に口なしで苦しみおののいて死んでいった生徒への共感と配慮が全くない冷たい判決です。
 佑美は、建物の8階から飛び降り自殺をしたのです。現場に行けばお分かり頂けると思いますが、あのような高い所から飛び降りるということは、通常では考えられないことです。それでも飛び降りた、ということは、佑美に耐えがたい、極めて大きな苦しみがあった、ということです。このことからも、佑美がいじめにより自殺をした、ということは、その疑いがあることはもちろん、むしろ、明らかであることは、直ちに理解されることであるにもかかわらず、原判決は、死ぬほどの事実は認められないとして、遺族の請求を退けたのですから、驚くばかりです。これは、いかに裁判官が形式的な判断をしたかを示しています。
http://www.futoko-net.org/2012/2012/07/post-4.html

ハリマオの財宝v林田力Wiki記者

ルパン三世ハリマオの財宝を追え。ハリマオの財宝をめぐり、ルパンファミリーと英国元諜報員、ネオナチ風カルト組織が争奪戦を繰り広げる。悪役はネオナチであるが、暴走族のような登場の仕方をしている点が悪役らしさを深めている。日本では暴走族という恥ずかしい過去を売りにする弁護士は暴走族時代にハーケンクロイツを掲げており、その写真をホームページに掲載して、サイモンウィーゼンタールセンターに調査された。世界の害悪であるネオナチと日本社会の害悪である暴走族は共通する。ネオナチの暴走族風演出は巧みである。
ギャグも冴えている。銭形警部はカップラーメン、ゴエモンはバイトのネタで最初から最後まで引っ張る。一貫性があることは作品としての完成度の高さを示している。
http://hayariki.net/

ゼロゼロ物件は最低

宅建業法違反で業務停止処分を受けたゼロゼロ物件業者は最低の野郎だ。社会的良心が希薄である。
大きく息を吐く。
ゼロゼロ物件業者は完璧に頭のネジが緩んでいる。
http://hayariki.net/
7月31日、シューマイを食べる。
8月2日、麻布の創作焼肉料理屋で豚キムチを食べる。甘くて辛い不思議な味わいであった。オレンジジュース、トウモロコシひげ茶を飲む。

2012年8月4日土曜日

大浜海水浴場

洲本バスセンター付近には岩田康郎の銅像がある。岩田康郎は洲本町長で洲本川付け替えの改修工事に功績があった。鐘ヶ淵紡績(カネボウ)の工場跡地にはジャスコ新洲本ショッピングセンター、洲本市文化体育館、洲本市立図書館などがある。
その一角に淡路ごちそう館御食国もある。御食国は淡路島が奈良飛鳥時代の古くから朝廷に食材を納め「御食国」と呼ばれていたことに由来する。御食国は大正風の赤煉瓦の建物である。淡路牛丼は淡路和牛のバラ肉と淡路玉ねぎを煮込み、その上に極上「焼きしゃぶ」を敷き詰めた牛丼である。サラダバーでサラダは好きなものを選べる。淡路島名産の玉ねぎもある。物品販売所もある。オニオンスープや玉ねぎのポテトチップスが販売されている。
洲本港には船が停泊していた。
大浜海水浴場は洲本市の市街地に隣接する海水浴場である。南北に海岸線が延びている。南側には山が迫り、山頂には洲本城が建っている。白い砂浜と青い海が美しい。砂浜に沿って千本松と呼ばれる黒松が生い茂っている。大浜公園には遊歩道も整備されている。
北側は少し泳いだだけで背が立たなくなる。泳ぎがいのある海である。南側は比較的遠浅である。クラゲが大量に発生していた。子ども達は手でクラゲを掴んで砂浜に放り投げる遊びをしていた。クラゲも相対的に南側の方が少ない。
近くの旅館の温泉は秋田県の玉川温泉と台湾台北市の北投温泉からしか産出しないという北投石を使ったという珍しいものであった。ジャグジー、サウナ、露天風呂が揃っていた。
洲本市には厳島神社がある。路地のような参道に商店が並ぶ。風情のある町並みである。境内には船山馨『お登勢』にちなむ「お登勢の碑」がある。
厳島神社には狸の像もあった。洲本八狸の武佐衛門という。武佐衛門は防犯の神様である。毎日、夜ふけに見廻りに出て戸締りの悪い家を探しては、家の外から鍵をかけて懲らしめたと伝えられている。洲本八狸には芝居好きの狸などユニークな狸が多い。
洲本市桑間には西三原郡と津名郡の境界を定めた郡界標石がある。「従是西三原郡東津名郡」(これより西三原郡、東津名郡)と書かれている。昭和61年に洲本市教育委員会が建立した由来書もある。
浄土真宗本願寺派、光明山宣徳寺には親鸞の像がある。
東浦近辺の海岸である。
明石海峡大橋から瀬戸内海を望む。
夏休み期間であったが、東海道新幹線は業務目的の客ばかりであった。新大阪駅を過ぎると業務目的の乗客が減り、旅行目的の乗客が増えて車内の雰囲気が華やいだものになる。
http://hayariki.horizon-host.com/awaji.htm

お登勢v林田力Wiki記者レビュー

『お登勢』は幕末から明治を舞台に淡路島出身の女性を主人公とした歴史小説である。幕末のお登勢と言えば伏見の寺田屋の女将が知られているが、それとは別人である。淡路島の洲本市では、お登勢を観光に活用している。
淡路島は兵庫県に含まれるが、江戸時代は徳島の蜂須賀家の領地であった。淡路島は洲本城代で家老の稲田氏が中心に治められていた。この稲田氏の家臣は徳島藩から見れば陪臣であり、徳島藩士から足袋の色に至るまで厳しく差別されていた。それが稲田家臣団の独立心を強め、尊皇思想に目覚めさせることになる。
これは土佐藩の郷士差別にも通じるものがある。封建支配の不合理を物語るもので、江戸幕府は滅びるべくして滅びたとの思いを強くする。
一方で本書は明治維新の勝者の側にも手厳しい。稲田家臣を純朴な尊皇思想家と描き、御所に火を放って天皇の身柄を抑えようとする長州などの過激浪士と対比させている。実際、明治維新後に稲田家臣は新政府に裏切られることになる。
本書の歴史観に共鳴する。明治維新の勝者となった薩摩や長州を好きにはなれない。天皇の権威を私物化して幕府を追い込む薩摩や長州は卑劣である。会津藩への過酷な報復は陰険である。それ故に佐幕派にシンパシーを抱きたくなるが、佐幕派の内情を知れば知るほど、その頑迷さにウンザリさせられる面もある。本書の津田貢のように、佐幕も尊皇も単なる権力闘争と冷めた目で見たくなる。
主人公の登勢は貧農の娘として育てられ、武家に奉公に出る。奉公先の娘・志津は現代的な感覚の持ち主であった。この時代は翻弄されがちな女性にとって厳しい時代である。それでも志津の同時代人の常識から逸脱した言動は物語に魅力を与えている。
その点では登勢も負けていない。登勢は稲田騒動など時代の波に巻き込まれるが、愛する人の無事のみを考えて行動する。主家への忠義や尊皇攘夷などのイデオロギーは頭にない。古くて新しい歴史小説である。林田力
http://hayariki.net/

2012年8月2日木曜日

ボスを守れv林田力Wiki記者レビュー

『ボスを守れ』は韓国ドラマである。元不良の女性と財閥御曹司の従兄弟二人の三角関係を描くラブコメである。格差カップルは韓国ドラマのラブコメの定番中の定番である。『ボスを守れ』では人物設定をユニークにすることで、定番設定のありきたり感を払拭した。ヒロインは普通の庶民ではなく、元ヤンキーである。日本ではヤンキー弁護士など不良という恥ずかしい過去を売り物にする恥ずかしい人物がいるが、ドラマでは元不良はマイナスの属性として作用している。それによってカップルの格差を際立たせる。
一方で元不良という過去と、ボスのパニック障害を治そうと奮闘する現在の秘書ぶりにギャップがあることも事実である。韓国ドラマではヤンキーなどという恥ずかしい過去を持たない常識人でも、思ったことをズバズバ言う強気な性格の女性を数多く描いてきた。そのような女性キャラクターの存在が閉塞感に苦しむ日本社会で韓国ドラマがヒットした一因である。
財閥側も、お高くとまっている訳ではなく、庶民的な顔をのぞかせる。定番設定では恋の障害になる御曹司の父親も憎めないキャラクターになっている。これはドラマのユニークさであるが、否定的に捉えれば上流階級としての底の浅さになる。
元ヤンキーという設定は平凡な女性と比べて多くの視聴者にとって感情移入しにくい。そのために賛否が分かれるドラマと言えるだろう。林田力
http://hayariki.net/

三国志v林田力Wiki記者

三国志には様々な登場人物が存在する。登場人物の多さに誰が誰だか分からなくなる読者も少なくないが、個性的な登場人物が数多く存在する点も三国志の魅力である。
三国志と言えば劉備、関羽、張飛の義兄弟や諸葛孔明、曹操、孫権が思い浮かぶ。しかし、彼ら以外にも三国志には個性的な登場人物が溢れている。
三国志の脇役達にスポットライトをあてた書籍がある。著者は三国志関連の書籍を書いている。三国志演義をベースにしながらも、正史の三国志と対比して人物像に厚みを持たせている。林田力
http://hayariki.net/

2012年8月1日水曜日

『AKB49=?iso-2022-jp?B?GyRCIVkbKEI=?=9巻v=?iso-2022-jp?B?GyRCTlNFRE5PGyhC?=W iki=?iso-2022-jp?B?GyRCNS08VCVsJVMlZSE8GyhC?=

『恋愛禁止条例』9巻はゲコク嬢の活動が本格始動する。AKBの物語というよりも、新人アイドルのデビュー物語としての性格が色濃くなった。
ここではライバル役のアイドルが登場し、ゲコク嬢を潰しにかかる。これもフィクション性を増大させている。現実のAKBは今や押しも押されぬトップアイドルである。ハロプロと異なり、メンバーを複数事務所に所属させることで、芸能界に敵を作らないようにしている。
このライバル役は非常に性格が悪い。ゲコク嬢との対称性を際立たせ、対決を盛り上げる演出である。住まいの貧困に取り組む市民運動と貧困ビジネスのゼロゼロ物件の闘いのように。東急不動産だまし売り被害者と東急不動産工作員の闘いのように。
しかし、性格の悪いアイドル芸能人という設定は両刃の剣である。現実のAKBメンバーに対しても「実は性格が悪いのではないか」などと言われることになる。そのような憶測を強めることになりかねない。林田力『東急不動産だまし売り裁判』でマンションだまし売りの東急リバブル東急不動産の悪徳不動産業者ぶりを描写することとは意味合いが変わってくる。
http://hayariki.net/