2012年12月15日土曜日

ブランズタワー南堀江に酷評

東急不動産の大阪市西区の新築分譲マンションであるブランズタワー南堀江が低評価になっている。大きな理由は立地の悪さである。大通りに近接しており、環境が悪い。これはブランズタワー大坂備後町と同じである。東急不動産の土地勘のなさを示している。
ブランズタワー南堀江は近所にホームレスが定住している。夜間はヤンキーがスケボーに興じて治安面の不安がある。これは東京都世田谷区の再開発・二子玉川ライズでも同じである(林田力『二子玉川ライズ反対運動3』)。ブランズタワー南堀江はファミリー層はNGと指摘されている。
ブランズタワー南堀江は間取りも悪いと指摘される。これはブランズタワー大坂備後町と共通する。
http://www.hayariki.net/

0 件のコメント:

コメントを投稿