2012年12月11日火曜日

放射脳カルト研究

放射脳カルトを批判する理由は明白である。放射脳カルトが貧困ビジネスであり、悪徳商法であるためである。放射脳カルトは放射脳危険デマを流して不安を煽り、安物のガイガーカウンターを売り付ける。脱法ハーブ店でガイガーカウンターを販売する事例もある。
放射脳カルトのレストランは食品の不安を煽り、怪しげなベクレルフリーの料理に誘導する。放射脳カルトは水の不安を煽り、怪しげな浄水器を売り付ける。浄水器は古くから悪徳商法のネタである。
放射脳カルトのゼロゼロ物件業者は自主避難を煽って劣悪なゼロゼロ物件に住まわせる。放射脳カルトの実業家は自主避難者を低賃金で雇って搾取する。人身売買組織は海外への自主避難支援と称して人身売買を行う。放射能危険デマを流す放射脳カルトにはデマを流す経済的動機がある。
http://hayariki.net/
放射脳カルトが放射脳の思想と合わせて脱原発を語ることは脱原発にとって有害である。放射脳カルトを脱原発のイメージダウンのために原子力村から送り込まれた工作員とする見方もあるほどどある。地域に根差した市民が放射脳カルトを支持することはない。放射脳カルトは良識的な市民を脱原発から離反させてしまう。
短期的には放射能の危険性強調は脱原発の推進剤となりうるが、長期的には脱原発運動の市民的基盤を弱める。放射脳カルトは脱原発運動の健康を蝕む麻薬や脱法ハーブのようなものである。放射脳カルトがデマによって東日本の放射能汚染を強調しても、地に足ついた生活者は東日本に住み続ける。日本が既に汚染されたとデマを流すことは、新たな原発事故防止のために脱原発を唱える動機を失わせる。
過去の原水禁運動の盛り上がりが第五福竜丸の被曝に端を発した魚介類の風評被害という放射脳カルト的なパニックに支えられたことは否定できない。それ故に「過去の栄光よ再び」という特定世代固有の経験を押し付ける運動家は放射脳カルトも許容しがちである。それを成功体験と捉える特定世代の運動家にとって放射脳カルトは歓迎すべきものとなる。しかし、放射脳カルト的な発想と決別しなかったからこそ、原水禁運動はあのレベルでとどまり、市民的基盤を失い、政党の下請けに再編成されたと考えるべきであろう。
放射脳カルトが問題視する被曝拡散防止自体は事実に基づく合理性のある内容ならば意味のあるテーマではある。しかし、それは原発容認か脱原発かという問題と必然的に結び付くものではない。原発再稼働には反対だが、瓦礫広域処理には賛成という考えもあれば、その逆も成り立つ。放射脳カルトの思想を脱原発に結び付けることは脱原発の基盤を狭めてしまう。現実に放射脳カルト的な人物から瓦礫広域処理容認の人が主催する脱原発デモへの不参加を呼び掛ける活動がなされた。
問題の明確かという点では放射脳カルトの側から自分達の思想を脱被曝という用語で定義する動きが出たことは評価できる。脱原発と脱被曝をセットとする点で支持できないが、放射脳カルトの思想を脱原発とは別の問題と自覚することは、放射脳カルトお断りの脱原発市民が脱原発運動に抱く違和感を低減できる。
http://beauty.geocities.jp/souzoku_nakano/

0 件のコメント:

コメントを投稿