2012年11月6日火曜日

よしながふみ『大奥』

よしながふみ『大奥』は男女の立場が逆転した設定で江戸城の大奥を描く漫画である。将軍は女性で、大奥には美男3000人という世界である。映画やテレビドラマにもなっている。

第1巻では若い男子を死に至らしめる疫病の蔓延を説明する導入部に続き、大奥に入った男性の視点で大奥が描かれる。そこは男の妬みが渦巻く陰湿な世界であった。史実と同じく七代将軍家綱は夭逝し、紀州藩主・徳川吉宗が将軍職を継承する。様々な改革に取り組む吉宗であったが、現在の大奥の仕組みにも疑問を持つ。

大奥は男女の立場が逆転したという奇抜な設定が注目される。それでも前半の視点人物のエピソードでは前近代社会の非合理さと時代劇的な人情で話をまとめている。歴史作品として荒唐無稽な設定でありながらも、歴史作品的な雰囲気は濃厚である。
http://www.hayariki.net/7/47.htm
現代人の常識とは異なる設定であるが、劇中人物はその設定を当然視する世界におり、奇抜とは思っていない。ここに読者とのギャップがあるが、改革志向の吉宗に疑問視させることで読者の目線に近付いている。謎の説明が期待されるところで第1巻が終わっており、続きへの期待が高まる。(林田力)

0 件のコメント:

コメントを投稿