2012年10月25日木曜日

銀の匙5巻wiki林田力書評

『銀の匙5巻』では冒頭から八軒がいい人ぶりを発揮する。ここまで道徳的優等生であると、白々しくなってしまう。大ヒットドラマ『家政婦のミタ』の三田灯ができないことは「無理です」と即答したように、まず挑戦するというガンバリズムは流行らない。
そこは作者も心得たものである。即座にテーマを変更し、八軒の乗馬での挫折体験を描く。馬に対する思い上がり浮かび上がる。いい人だけではない、主人公の成長体験になっている。
後半は八軒の人のよさが災いしてパンク状態になる。家政婦のミタのように無理なものは即座に無理と断るか、若しくは優先順位を付けるのか。八軒の対応に注目である。林田力
http://hayariki.net/

0 件のコメント:

コメントを投稿