2012年10月16日火曜日

絶園のテンペスト2巻v林田力wiki書評

『絶園のテンペスト』はファンタジー漫画である。タイトルに『テンペスト』とあるようにシェイクスピアにインスパイアされている。
巻き込まれ型の主人公、高飛車なヒロイン、暴走気味の友人と一見すると典型的なパターンに沿っている。しかし、主人公は巻き込まれるだけの存在ではなかった。友人に言えない秘密を持っている。それが物語に新しさを与えている。
主人公達の個人的な関心と、世界的な危機の物語が併存し、バランスが取れている。一巻のラストではは主人公側の前提の誤りを示唆する内容になっており、続きが気になる終わり方である。
第2巻では敵との戦いが勃発する。政府も本格的に動き出す。この手の物語は日常の中に非日常を侵食させることに魅力がある。社会の大勢は日常の枠組みを維持させることが物語のリアリティを保つ。日常を破壊すると収拾がつかなくなりがちである。そのために少しずつ話を進める形になりがちであるが、話が間延びして読者の興味を維持できないというデメリットがある。2巻で話を動かした展開の早さを支持したい。
第七巻では主人公の秘密が公式に露見する。意外とあっけなく解決した。はじまりの樹と絶園の樹の仮説も説明される。あまりに進んだ科学は魔法に見えるとの定理に納得した。現代の科学で分かっていることを全てとするような偏狭な科学信奉者は科学からも離れている。林田力
http://hayariki.net/

0 件のコメント:

コメントを投稿