2012年10月12日金曜日

太平洋クラブと東急大井町線高架下追い出し

今晩は。二子玉川ライズ推進企業の一角である東急不動産についてのニュースがありますので、連絡致します。
東急不動産が実質的な親会社になっているゴルフ場・太平洋クラブが会社更正手続きに移行しました。太平洋クラブは元々、民事再生手続きを進めていました。民事再生は現在の経営陣が再生計画を進めるために責任追求が不充分という問題を抱えています。実際、太平洋クラブの出した再生計画案はアコーディアにゴルフ場を売り渡すというものでした。東急不動産は損失を被らず、太平洋クラブ会員ばかりが犠牲になるものです。会員は被害者の会や権利を守る会に結集し、多数派を形成して会社案を否決しました。マスメディア報道では東急不動産まで触れられていませんが、責任自体を隠すことによる責任逃れは東急不動産の十八番です。東急不動産だまし売り裁判でも東急リバブルと東急不動産でたらい回しにしました。二子玉川ライズでも再開発組合の影に隠れています。
もう一点は、東急大井町線高架下立ち退き問題について新たに記事が出ましたので連絡します。林田力wiki
http://hayariki.net/

0 件のコメント:

コメントを投稿