2012年9月17日月曜日

貧困と都市_東急電鉄の高架下住民立ち退き問題

「私は此所を追い出されたら、ホームレスですよ」 東急電鉄の大井町線・大井町駅の高架下に住む野尻浩史さん(73才)はそう語る。

野尻さんは今、67年間も住み慣れた大井町線の高架下住居から家主である東急電鉄に立ち退きを迫られている。

今年の八月に立ち退きを指示する東急電鉄側の仮処分を認める判決が地裁で降りた。 これは強制代執行(無理矢理退去させられる事)をされる可能性があるため野尻さんは仮処分の停止の申し入れをしたところだ。(担保金50万円)

貧困と都市_東急電鉄の高架下住民立ち退き問題
http://www.labornetjp.org/news/2012/1347710311888mu07
貧困と都市学_東急電鉄の高架下住人立ち退き問題を考える
http://jupiter-press.doorblog.jp/archives/17636109.html

0 件のコメント:

コメントを投稿