2012年9月17日月曜日

清掃工場の問題

清掃工場の問題では被災地の瓦礫焼却以前の問題として、ゴミの焼却によって生じる化学物質が健康被害を及ぼすとして反対している人々もいます。行政の論理は個々の物質は安全基準を満たしているというものですが、大気中に放出された様々な化学物質が化学反応を起こして有害な物質になる点を無視していると批判されます。これはゴミの焼却だけでなく、自動車の排気ガスとも合わさって被害を増大させます。
東京では練馬と世田谷の外環道の着工が住民の反対を押し切ってされましたが、排気ガスの増大と清掃工場の焼却時のガスを合わせて問題視する声もあります。林田力
http://hayariki.net/

0 件のコメント:

コメントを投稿