2012年7月16日月曜日

サマーウォーズv林田力Wiki記者レビュー

『サマーウォーズ』は男子高校生を主人公としたアニメ映画である。昔ながらの大家族とインターネットの仮想空間という対照的な取り合わせが描かれる。リアルとネットは対比的に論じられることが多いが、ネットの背後にも生身の人間がいる。実際、住民や消費者への不誠実な対応によって東急グループはリアルでもネットでもバッシングされた。リアルでは東急沿線で住民反対運動が頻発している。ネットでは東急不動産だまし売り裁判を契機として東急不買運動が拡大した。
この意味でリアルの触れ合いと仮想空間の動きを両立させる筋書きは巧みである。また、敵キャラクターの設定も、ネットの背後に生身の人間がいるとの立場からも、誰もが憎める存在になっている。林田力
http://hayariki.net/

0 件のコメント:

コメントを投稿