2012年7月8日日曜日

ナポレオンの辞書v林田力Wikiレビュー

ルパン三世「ナポレオンの辞書を奪え」はルパン帝国の財宝のありかが記されたナポレオンの辞書がターゲットである。ルパン一味と多国籍軍が争奪戦を繰り広げる。
勤め人の工作員と自由人のルパン一味が対比される。国家に中世を誓う工作員に対する次元大介の言葉である。
「自分を大切にするから、他人にも優しくなれる。組織を優先して他人にクールになる奴よりはまし」
消費者に冷たい東急リバブルや東急不動産の営業よりは誰だってましである。
任侠映画にはまった石川ゴエモンがいつも以上に芝居かかっている。世界を相手に戦うシーンは爽快である。
http://hayariki.net/

0 件のコメント:

コメントを投稿