2012年7月1日日曜日

ゼロゼロ物件と薬物犯罪v林田力Wiki記者

貧困ビジネスのゼロゼロ物件業者に薬物疑惑が持ち上がっている。覚醒剤や脱法ドラッグなど薬物が改めて社会問題としてクローズアップされている。ヤンキーの暴走により多くの死傷者が出た事件でも暴走したヤンキーが薬物を吸引していたと指摘されている。これまで薬物の蔓延について興味本意やファッション感覚などを背景とする分析がなされてきたが、貧困ビジネスのゼロゼロ物件と重ね合わせると深刻な背景が浮かび上がる。薬物乱用者の動機として日雇いなど厳しい肉体労働の疲れを癒すためとの指摘がある。そして、貧困者への薬物の流路として貧困ビジネスの存在が指摘される。貧困ビジネスは賃借人を経済的に搾取するだけでなく、薬物中毒にしてしまう恐ろしい実態が浮かび上がる。林田力
http://hayariki.net/

0 件のコメント:

コメントを投稿