2012年7月20日金曜日

二子玉川ライズ取消訴訟判決に抗議声明

二子玉川ライズ二期事業の再開発組合(二子玉川東第二地区市街地再開発組合)設立認可取消を求めた裁判の原告団と弁護団が抗議声明を発表した。東京都世田谷区玉川の二子玉川ライズが住環境を破壊し、公共性がないなどの理由で取り消しを求めていた。裁判所は原告適格について中間判決を出すとしたが、理由も告げずに判決言い渡し日が数回延期されていた。7月12日に言い渡された判決は原告全員に原告適格がないために却下する終局判決で、騙し討ち的な内容であった。声明では原告の主張立証の機会を奪うものと批判する。声明では控訴を表明する。

0 件のコメント:

コメントを投稿