2012年7月3日火曜日

紋章を継ぐ者達14巻v=?iso-2022-jp?B?GyRCTlNFRE5PGyhC?=W iki=?iso-2022-jp?B?GyRCJWwlUyVlITwbKEI=?=

紋章を継ぐ者達14巻。『紋章を継ぐ者達』には勇者の一行に、やる気のなさそうなネガティブな人物がいる。「挑戦してもいないのに無理と言うな」的な特殊日本的なガンバリズムが胡散臭くなった現代において新鮮味のあるキャラクターである。そのキャラクターが前巻で覚醒し、これから活躍を見せるのではないかと期待させたものの、力に飲み込まれるという結果に終わった。ピンチに陥ったところでパワーアップするという安易な展開に進まないところが興味深い。『紋章を継ぐ者達』は前作の息子達が活躍する二世漫画である。二世をヒーローにするところに親の財産で子どもの人生が決まる格差社会の現実が反映されている。二世ではないキャラクターの安易なパワーアップを許さないところも格差社会的である。
これまでの『紋章を継ぐ者達』は人間と魔王に率いられたモンスターの対決というドラゴンクエストの設定から外れていた。この巻で、ようやく魔王的な存在が浮かび上がる。それでも人間は互いに抗争を続けている。現実社会にも重ね合わせたくなる展開である。林田力
http://www.hayariki.net/
http://hayariki.net/

0 件のコメント:

コメントを投稿