2012年6月12日火曜日

貧困ビジネスv林田力記者Wiki

ゼロゼロ物件などの貧困ビジネスは福祉が機能していないところに生まれる。福祉政策の貧困が貧困ビジネスの背景である。それ故にゼロゼロ物件などの住まいの貧困の解決策として公営住宅を拡充することは正論である。
貧困ビジネスを野放しにすれば貧困層は搾取され続ける。貧困ビジネスを許してはならない。これに対して目の前の現実として貧困ビジネスがなくなると貧困層は益々困ることになるという議論がある。この種の欺瞞的な議論は労働者派遣法でもなされている。労働者派遣を規制強化すると派遣労働者の働き口が減るとの議論である。ゼロゼロ物件などの住まいの貧困と非正規やワーキングプアの問題は密接に関係している。
実際は住宅に困っている人々にゼロゼロ物件を紹介することは、金に困っている人にサラ金を紹介するようなものである。ゼロゼロ物件は悪であって、必要悪では決してない。
http://hayariki.net/

0 件のコメント:

コメントを投稿