2012年6月30日土曜日

ゼロゼロ物件業者の名前変更に注意v=?iso-2022-jp?B?GyRCTlNFRE5PGyhC?=W iki=?iso-2022-jp?B?GyRCNS08VBsoQg==?=

反社会的なゼロゼロ物件業者の名前変更に注意しよう。宅建業法違反など悪質なゼロゼロ物件業者が名前を変えて営業を続けている例が確認された。宅地建物取引業法の免許を新規に取得して、免許番号も変えるという手の込みようである。
宅地建物取引業者の行政処分歴は公開されている。このために消費者は行政処分歴を確認して不動産業者選びに役立てることができる。しかし、名前や免許番号を変えれば前科と結び付かなくなる。消費者を欺く悪徳不動産業者の姑息な手法である。
このため、消費者にとって契約しようとしている不動産業者の社名や免許番号を検索して、過去に行政処分歴があったかを調べるだけでは十分ではない。契約しようとしている不動産業者が新しい業者の場合、社名や免許番号、事務所住所の検索結果を丹念に調査し、仮に形式的には新規設立であっても宅建業法違反業者を継承していないか注意する必要がある。林田力
http://www.hayariki.net/

0 件のコメント:

コメントを投稿