2012年6月10日日曜日

高岡蒼甫twitter削除と韓国ゴリ押し

俳優の高岡蒼佑のtwitter(ツイッター)アカウントが削除されていた。数々の問題発言を繰り返しては当該発言を削除してきた高岡だけにネット上では削除を当然視する声が強い。高岡は俳優としてよりも女優・宮崎あおいの夫として有名であった。

大河ドラマ『篤姫』のヒロインとなり、演技力が絶賛された宮崎あおいであるが、ヤンキー風の夫の存在が女優イメージを下げるウィークポイントと懸念されていた。高岡蒼佑の数々のtwitter発言は、その懸念を的中させた。

高岡のtwitter発言が注目された契機は韓国ゴリ押し批判である。高岡は2011年7月23日から以下のツイートを行った。

「正直、8は今マジで見ない。韓国のTV局かと思う事もしーばしーば。うちら日本人は日本の伝統番組を求めていますけど。取り合えず韓国ネタ出てきたら消してます」。

「TV局の韓国おし無理。けーPOPてめーの国でやれ」

「8」は平日の午後にドラマ枠で「韓流α」を放送しているフジテレビを指しているものと解釈された。その後、高岡は「本人が書いてくれと言っているので書きます。家の妻は自分と一緒の思想ではありません。火の粉が飛ぶのは勘弁です。と。そのまま書かせて頂きます」と投稿した。
http://hayariki.zero-yen.com/6/32.htm
さらに7月28日には所属事務所を離れることを発表した。「スターダストプロモーションから自分は離れる事になりました。一つの呟きからの大きな波紋により、事務所の関係各位にはご迷惑をお掛けしました。当然の結果だと思っております。そして感謝の気持ちでいっぱいです。ご報告まで。応援していただいた皆様、ご尽力頂いた皆様ありがとうございました」

高岡の韓国ゴリ押し批判は物議を醸した。韓国ゴリ押し批判では高岡を支持する声も多かったことは事実である。実際、東急電鉄・東急百貨店・東急ストアら東急グループの韓国ゴリ押しは批判され、東急グループ不買不利用運動の呼びかけもなされている(林田力「東急グループの歴史捏造・韓国ゴリ押し批判」)。このように韓国ゴリ押し批判自体は支持される背景が存在したが、高岡は自分の発言をコロコロと変遷させる一貫性のなさで自爆していった。

また、俳優という立場で韓国ゴリ押しを批判することは小人物ぶりを示している。韓国ドラマや韓国芸能人のプッシュで日本の芸能人の仕事が奪われるとの考えは近視眼的である。『グッドライフ』や『美男ですね』のように韓国発の作品が日本でリメイクされている。韓流ブームは日本の芸能界にとって特需である。安っぽいナショナリズムに迎合した韓流批判は芸能人にとって天に唾する行為になる。

テレビをつけると韓国ばかりで、どこの国かという状況が不満なようであるが、グローバル化した先進諸国では外国人向け放送も当たり前である。鳩山由紀夫前首相は「日本列島は日本人だけの所有物じゃない」と述べたことがある。国民の利益を代表する政治家の発言として物議を醸したが、多民族多文化社会において自然な感覚である。日本のテレビ番組は日本人だけのものという発想が日本社会の後進性を示している。

韓国ゴリ押し批判発言後も高岡はtwitterで物議も醸し続けた。高岡の場合は何かを発言すればするほど、高岡自身が傷つき更に暴走しての繰り返しであった。いつもカッとなって呟いて後で後悔しているようであった。自業自得とはいえ痛々し過ぎて哀れであった。時折、精神的にヤバいのではないかという時もあった。発言が感情任せでファンでも「大丈夫なの」と思うこともあったという。「少々おかしい気がする」との指摘もある。

自分で自分の首を絞めているようなものであった。本当に高岡を応援しているファンならば暴走twitterが終了して安心するとの声もある。ネトウヨのピエロであった。散々在日韓国・朝鮮人であると叩かれ、手のひら返しで英雄にされ、利用され、狂った。自分をコントロール出来ない人間に発言する資格はない。

特に問題は離婚後の元妻・宮崎あおいに対する言動である。高岡蒼佑は2011年末に宮崎あおいと離婚したが「帰国したら元嫁だけが何事もなかったようにCMでまくり」などとtwitterでネチネチと宮崎を攻撃した。別れた妻を攻撃する時点でルール違反と批判されている。最初に不倫した方は高岡であり、「どの面下げて」という話である。新婚時代に無名女優との浮気を認めて謝罪したが、その後で写真がありながら「手さえ繋いでない」と発言を変遷させた。

妻が仕事で大事な時期に思ったことをベラベラと喋ってしまうことも問題である。夫婦であるのに、その辺の気遣いに鈍感である。しかも、妻に食べさしてもらっているヒモである。宮崎あおいが共演俳優に相談したとしても無理はない。そして離婚後も元妻の不倫ネタを暴露したりと、未練がましくて男らしくない。「高岡蒼佑は自分が干されたから、宮崎あおいの中傷をtwitterでする陰険な人物」と指摘する。「圧力」というような話ではない。

高岡蒼佑のtwitterアカウント削除直後に高岡蒼佑と歌手・鈴木亜美の交際が発覚した。写真誌『FRIDAY』(講談社、2012年6月1日発売)が報道した。高岡蒼佑への風当たりが強い。これがtwitterアカウント削除の理由ではないかと分析されている。自分が浮気をしていたことを棚に上げ、同情を貰うためか誰もが閲覧できるtwitterでネチネチと攻撃し、新しい恋人を見つけるとtwitterを休止する。自分が宮崎あおいを攻撃することはよくても、自分が攻撃されることは嫌という心理である。これまでは宮崎あおいが庇ってくれていたが、今後はない。

元妻と離婚したばかりであり、しかも元妻にtwitterで未練たっぷりの攻撃をしたばかりでの軽薄さや無節操さを批判する声がある。「散々元の嫁の文句言ってスッキリしたから次ですか」「恥ずかしい男だ」と批判される。「あれだけ宮崎あおいに迷惑をかけて離婚したが、もう次の女を見つけたのか。罪意識も迷惑をかけたという自覚も何もない最低な男」との意見もある。

高岡蒼佑と付き合える女性心理が信じられないという声がある。「私だったら絶対、高岡のような女々しい男性は嫌だ(笑)」「どこが魅力的なのかわからない」という。「変な目に遭わなければいい」と鈴木亜美を心配する声もある。

0 件のコメント:

コメントを投稿