2012年6月4日月曜日

高岡蒼佑のtwitterアカウント削除

俳優の高岡蒼佑のtwitterアカウントが削除されていた。数々の問題発言を繰り返しては当該発言を削除してきた高岡だけにネット上では削除を当然視する声が強い。高岡は発言コロコロと変えてきた人物である。

高岡の場合は何かを発言すればするほど、高岡自身が傷つき更に暴走しての繰り返しであった。いつもカッとなって呟いて後で後悔しているようであった。自業自得とはいえ痛々し過ぎて哀れであった。時折、精神的にヤバいのではないかという時もあった。発言が感情任せでファンでも「大丈夫なの」と思うこともあったという。「少々おかしい気がする」との指摘もある。

自分で自分の首を絞めているようなものであった。本当に高岡を応援しているファンならば暴走twitterが終了して安心するとの声もある。ネトウヨのピエロであった。散々在日韓国・朝鮮人であると叩かれ、手のひら返しで英雄にされ、利用され、狂った。自分をコントロール出来ない人間に発言する資格はない。

特に問題は離婚後の元妻・宮崎あおいに対する言動である。高岡蒼佑は2011年末に宮崎あおいと離婚したが「帰国したら元嫁だけが何事もなかったようにCMでまくり」などとtwitterでネチネチと宮崎を攻撃した。別れた妻を攻撃する時点でルール違反と批判されている。最初に不倫した方は高岡であり、「どの面下げて」という話である。新婚時代に無名女優との浮気を認めて謝罪したが、その後で写真がありながら「手さえ繋いでない」と発言を変遷させた。

妻が仕事で大事な時期に思ったことをベラベラと喋ってしまうことも問題である。夫婦であるのに、その辺の気遣いに鈍感である。しかも、妻に食べさしてもらっているヒモである。宮崎あおいが共演俳優に相談したとしても無理はない。そして離婚後も元妻の不倫ネタを暴露したりと、未練がましくて男らしくない。「高岡蒼佑は自分が干されたから、宮崎あおいの中傷をtwitterでする陰険な人物」と指摘する。「圧力」という話ではない。

高岡蒼佑のtwitterアカウント削除直後に高岡蒼佑と歌手・鈴木亜美の交際が発覚した。写真誌『FRIDAY』(講談社、2012年6月1日発売)が報道した。高岡蒼佑への風当たりが強い。これがtwitterアカウント削除の理由ではないかと分析されている。自分が浮気をしていたことを棚に上げ、同情を貰うためか誰もが閲覧できるtwitterでネチネチと攻撃し、新しい恋人を見つけるとtwitterを休止する。自分が宮崎あおいを攻撃することはよくても、自分が攻撃されることは嫌という心理である。これまでは宮崎あおいが庇ってくれていたが、今後はない。
http://hayariki.net/6/faqindex.htm
元妻と離婚したばかりであり、しかも元妻にtwitterで未練たっぷりの攻撃をしたばかりでの軽薄さや無節操さを批判する声がある。「散々元の嫁の文句言ってスッキリしたから次ですか」「恥ずかしい男だ」と批判される。「あれだけ宮崎あおいに迷惑をかけて離婚したが、もう次の女を見つけたのか。罪意識も迷惑をかけたという自覚も何もない最低な男」との意見もある。

高岡蒼佑と付き合える女性心理が信じられないという声がある。「私だったら絶対、高岡のような女々しい男性は嫌だ(笑)」「どこが魅力的なのかわからない」という。「変な目に遭わなければいい」と鈴木亜美を心配する声もある。

0 件のコメント:

コメントを投稿