2012年5月23日水曜日

『義風堂々!!直江兼続~前田慶次酒語り』

武村勇治『義風堂々!!直江兼続~前田慶次酒語り』は大河ドラマ『天地人』で脚光を浴びた直江兼続を主人公とした歴史漫画である。原哲夫の人気漫画『花の慶次 雲のかなたに』のスピンアウト作品で、原作者に原と堀江信彦が名を連ねる。兼続は前田慶次の莫逆の友という設定である。

もともとは『義風堂々!!直江兼続 前田慶次月語り』と題して『週刊コミックバンチ』で連載されていた。晩年の慶次が若い頃の兼続の人生を語るという形式で、新発田重家の乱の鎮圧までを扱った。兼続は前田慶次に会う前であり、基本的に本編で慶次は登場しない。

掲載誌を『月刊コミックゼノン』に移した『酒語り』では、慶次と兼続が酒を飲みながら、二人が出会った後の出来事を昔語りする。『花の慶次』の出来事を、兼続を主人公として再構成する。『花の慶次』ファンにとっては懐かしさもある内容である。

前田慶次は原哲夫にとって最も成功したヒーローである。圧倒的な強さだけでなく、清々しい性格が周囲を魅了する。原哲夫の代表作と言えば『北斗の拳』であるが、キャラクターのインパクトは主人公のケンシロウよりも、ラオウを筆頭とする脇役陣が強い。『北斗の拳』の世界観を継承した『蒼天の拳』の主人公・霞拳志郎の性格はケンシロウよりも慶次の影響を受けたものになっている。

そのような慶次を『義風堂々』の本編に登場させることは作品の魅力を向上させるが、難しさもある。『花の慶次』の兼続は慶次の莫逆の友であり、理解者であったが、対照的な存在でもあった。傾奇者の慶次に対し、兼続は常識人であり、慶次と比べると優しさや甘さがあった。それ故に『花の慶次』では慶次が主人公として引き立てられた。一方、『義風堂々』では兼続自身が慶次の存在に近い。そこに慶次を登場させるならば、二人の傾奇者が存在するようなものになり、両者を共に輝かせるという技量が求められる。

第1巻では兼続と慶次の最初の出会いと「佐渡攻め」のエピソードが収録されている。最初の出会いは『花の慶次』とは全く別の話である。共に上杉家家臣の揉め事を発端とするが、登場人物も設定も異なる。『花の慶次』では対立する側も最後には「いくさびと」の心意気を理解して大団円となるが、『義風堂々』では義のない人間を冷たく切り捨てた。

兼続には兜の前立ての文字「愛」を現代的に解釈して優しいイメージが付されがちである。しかし、兼続には「死者を生き返らせろ」と要求する人の首をはねて閻魔大王への死者としたというトンチが効いているが残酷なエピソードも伝えられている。『義風堂々』の兼続も自らがモットーとした「義」の苛烈さを描いている。

次巻に続く「佐渡攻め」は『花の慶次』を踏襲するものの、佐渡の国人の背後には豊臣秀吉や前田利家の陰謀があるという設定が加えられた。『花の慶次』では慶次にやりこめられる小人として描かれた利家も、上杉家の視点では越後や佐渡を狙う有力大名という脅威になっている。そのような利家の存在が、上杉家の佐渡攻めに慶次が参戦する意味を強める。『花の慶次』を大胆に再構成した『前田慶次酒語り』の展開に注目である(林田力「『義風堂々 前田慶次酒語り』第1巻、『花の慶次』を大胆に再構成」リアルライブ2011年4月23日)。
http://www.hayariki.net/5/47.htm
第2巻は佐渡平定と秀吉の前田慶次謁見要求を描く。どちらも『花の慶次』で描かれたエピソードであるが、『義風堂々』では直江兼次の物語としてまとめている。

『花の慶次』では礼儀正しい兼次と傾奇者の慶次が好対照をなしており、兼次は慶次の引き立て役になっていた。これに対して『義風堂々』では兼次も傾奇者的であり、兼次と慶次が並び立つのか疑問があった。しかし、ここでは兼次に主役の花を持たせている。秀吉への謁見の対応では慶次の方が弱気な対応をしようとした方であった。『花の慶次』に引きずられすぎず、兼次の物語になっている。

第3巻は前田慶次の豊臣秀吉への拝謁を描く。これも『花の慶次』で描かれた内容であるが、新解釈を加えている。慶次の度肝を抜く髪型は慶次の独創ではなく、遊女のアイデアとする。また、忍術を修めた存在として秀吉を描いている。伝統的な秀吉像は頭脳派で個人としては武に秀でた存在ではなかった。最近では石井あゆみ『信長協奏曲』でも秀吉を忍者出身と描いている。新しい秀吉像にも注目である。(林田力)
http://yaplog.jp/hayariki/archive/638
The Suit TOKYU Land Corporation's Fraud
http://tokyufubai.bakufu.org/images/

0 件のコメント:

コメントを投稿