2012年5月3日木曜日

小沢一郎無罪判決でコンクリから

小沢一郎氏の無罪判決で「コンクリートから人へ」の復活を期待する。「コンクリートから人へ」を掲げた民主党政権に国民の多くが期待したものの、看板倒れに終わったことは周知の通り。野田首相ブログでは「人の命を救うコンクリートには手当てした」との自虐的な文言まで登場した。
民主党マニフェストの後退から、「民主党に期待したことが間違えである」と結論づけることは間違えである。マニフェストの後退は小沢一郎の政権中枢からの排除と軌を一にしてなされた。それ故に小沢一郎の復権に期待することは理にかなう。
より重要なことは「コンクリートから人へ」の思想的革新性である。土建政治を全否定する革新性を内包している。これ民主党よりも筋金入りの革新政党であっても主張することは容易ではない。何故ならば革新政党もデベロッパーやゼネコンの労働組合や、中小建設業者の団体を支持基盤とするためである。開発優先の土建政治の成れの果てと住民から批判される二子玉川ライズも大場革新区政で計画が誕生したことを忘れてはならない。
この点で、たとえば非武装や天皇制廃止など小沢一郎本人とは相容れようもない思想的持ち主が小沢一郎氏に期待することにも合理性がある。無罪になったとはいえ、小沢一郎氏自身が建設業界と関わりの深いことは否めない。それ故に小沢氏が復権したとしても、どこまでコンクリートから人へが実現できるかは未知数である。それでも小沢氏以上に思想的に徹底した人々が小沢氏を熱烈に支持しているという事実が希望である。政治家は支持者に応えるものだからである。小沢一郎無罪による政治のダイナミズムに大いに期待する。林田力
http://hayariki.net/

0 件のコメント:

コメントを投稿