2012年5月4日金曜日

ワンピース魚人島編完結

尾田栄一郎「ワンピース 」の単行本最新刊で魚人島編が完結した。
敵キャラクターは哀れな姿に変貌しても人間への憎しみを捨てない。魚人島編の敵の新魚人海賊団は拝外主義者・人種差別主義者になぞらえることができるが、その末路としても相応しい。安易に敵を改心させない点はワンピースらしくもある。
よくあるバトル漫画では敵キャラクターが倒された後で改心したり、仲間になったりする展開が定番である。これは鬼畜と罵った敵国を戦争が終わったら同盟国と呼ぶような歴史性に欠ける無節操な国民性に合致していた。
しかし、その種の安易な傾向に流されず、敵キャラクターを敵のままにする徹底性が「ワンピース」を少年マンガの中で頭一つ飛び抜けた存在にしている要因である。林田力
http://hayariki.net/

0 件のコメント:

コメントを投稿