2012年5月19日土曜日

AKB49=?iso-2022-jp?B?GyRCTngwJjZYO18+ck5jIzg0LBsoQg==?=

AKB49恋愛禁止条例8巻は浦川、吉永、岡部のユニット・ゲコクジョーのデビューに向けて下準備の内容である。実在のアイドルAKB48の人気に便乗した作品であるが、オリジナル・キャラクターによる独自のストーリーが色濃くなっている。一方で前田敦子や大島優子という実在のメンバーが主人公達のアドバイス役として存在感を放っている。特に8巻では新進気鋭のメンバー柏木由紀が登場する。オリジナルと実在のAKBのプロモーションのバランスがとれている作品である。
この巻では憎まれ役として登場した岡部愛が大活躍する。岡部がツンデレ属性を発揮する。ツンデレは珍しくもないが、簡単にデレてしまう、ツンツンの中で既にデレていることが丸分かりになっているなど安易な描かれ方が大半である。
これに対して岡部は圧倒的にツンツンしている中で僅かにデレを見せる。正統的なツンデレのキャラクターになった。
http://hayariki.net/

0 件のコメント:

コメントを投稿