2012年4月8日日曜日

二子玉川ライズの強風

二子玉川ライズの強風で階段のカバーが吹き飛ばされた。二子玉川ライズのビル風で家が吹き飛ばされる。
二子玉川ライズの交通広場でスケボーをやる人がいて近所迷惑になっている。禁止のパネルを掲示した。
交通の迷惑。信号無視する。
http://hayariki.net/
暫定堤防になって川の水位が見えなくなった。水害の危険はないか。
再開発組合は計画を行政が認可しているから、やっていると責任逃れしている。
二子玉川ライズ反対の住民運動のお陰で、住民本位の行政になった。公務員を勉強させないとダメである。世田谷区の職員が仕事をしやすい環境を住民運動が作っている。話をできる人を増やすことが運動の広がりになる。公務員をみたら敵と思えば正しくない。
本能寺は東急資本である。蒲田でも東急の問題がある。急行を通す。再開発でビル街にする。
富士山が見えなくなるのが嫌だ。それに対して再開発組合は、富士山が見たければ御殿場に行けと暴言を返されたという。
住民にとっては固定資産税が増えるという損害がある。踏んだり蹴ったりである。
爆弾低気圧の日は出掛けない。
二子玉川ライズの商店主が、こんなに固定資産税が高いとは思わなかった。二期工事ができたら、もっと高くなる。
二子玉川ライズ二期工事の補助金を削減した。オフィスの部分は公共性が低いという理由を説明した。住民運動の成果である。
予算の範囲内で措置するとあるので、財政が厳しいから切ったと説明する。または公共性がないならば全部否定する。オフィスの公共性が低い理由は住民が入らないから。それならばマンションの共用部も一般住民が入れないから、補助金はおかしい。
情報公開の姿勢の変化。デジタルコンテンツは酷い。情報公開請求では出ない資料が検証委員会で出てきた。
行政の恣意的判断で出せない資料がある。政策形成過程の資料と言えば出さなくて済む。
文書管理規定がある。文書を捨ててしまえば、情報公開の対象外になる。
補助金は計算し直した。元の数字を情報公開請求したが、再開発組合から借りてきたもので、返却したからないと回答。
制度を確立する。

0 件のコメント:

コメントを投稿