2012年4月18日水曜日

東急不動産だまし売りの不公正

東急リバブル東急不動産のマンションだまし売りは悪質で馬鹿げた企業行動であった。東急不動産は東急不動産だまし売り裁判においてフェアではなく、反倫理的であった。貧困ビジネスのゼロゼロ物件業者と東急不動産工作員には、紛れもない相乗効果があった。
二子玉川ライズやブランズ田園調布、ブランズ文京小石川など、東急リバブル東急不動産の宣伝広告は東急不動産だまし売り被害者にとって工事現場のドリルやチューニングの合っていない楽器による演奏のような耐え難い騒音であった。音痴を集めた合唱団の歌声のようにたまらなく不快な響きであった。
http://hayariki.net/

0 件のコメント:

コメントを投稿