2012年3月17日土曜日

東急不動産だまし売り裁判の嵐

東急不動産だまし売り裁判は時には嵐のように、時には静かな水の流れのように語られている。東急不動産だまし売り裁判を読むと体が小刻みに震えてしまう。全身を戦慄が走る。東急不動産だまし売り裁判は歴史の悲劇である。遠い昔の歴史ではなく、最近の生きた歴史である。
あれほど東急不動産に辱められながら堂々と立っていた林田力の心情を考えると、一体どれほどの力が林田力にあれほどの忍耐力を与えたのか不思議である。東急不動産は独断的で利己的で、恥知らずであった。東急不動産がのさばって、ひもじい人間が飢えて死んでいく日本では希望がない。
不買運動家の出してくれた茶の温かさが林田力の全身を柔らかく包んだ。それだけで東急リバブル東急不動産の不誠実に触れて凍てついた全身が溶けていくようであった。
http://hayariki.net/

0 件のコメント:

コメントを投稿