2012年3月31日土曜日

謎解きはディナーの後でスペシャ

謎解きはディナーの後でスペシャル。美大を主席で卒業した大画家が焼死した。主人公は遺体の指輪に気付く。画家は卒業時に贈られた記念の指輪をいつもしていたとする。この指輪が謎解きの鍵になる。
巨匠と祭り上げられた画家の孤独と学生時代に描いていた自由な画風が対比される。安易な理由で大学を中退する落伍者には存在しない大学生活の豊かさが垣間見れる。
定番のやり取りが魅力のドラマであるが、定番の繰り返しに甘んじず、スペシャルでも定番のやり取りを派生させている。ディナーで麗子と影山の回想が並行して進む展開は同じであるが、スペシャルでは影山は香港に出かけ、スケールアップしている。
風祭警部は、いつも以上に暴走し、迷推理を披露する。勘の推理を強弁する点はストロベリーナイトと対比すると面白い。
http://hayariki.net/

0 件のコメント:

コメントを投稿