2012年3月17日土曜日

銀魂の月詠の格好良さ

将軍家討ち入りというスケールの大きな話になった。ボケ役が多い中で月詠のシリアスさが際立つ 。吉原炎上編で強烈な存在感を放ち、キャラクター人気投票の上位に輝き、すっかりレギュラーの一員になった月詠。しかし、吉原炎上編のインパクトは弱まり、キャラの立ち位置が分かりにくくなった。月詠をフィーチャーした紅蜘蛛編も今一つであった。酒乱や純情というギャグパート用に無理に付けたような属性も、しっくりこない。その中で将軍家討ち入りでの月詠は格好良さを見せている。やはり月詠は他人のために戦うところに魅力がある。林田力
http://hayariki.net/

0 件のコメント:

コメントを投稿