2012年3月20日火曜日

二子玉川ライズ住民訴訟が終結

先にアナウンスした二子玉川ライズ住民訴訟の口頭弁論のレポートを「はやりきドットネット」に掲載しました。住民訴訟は終結しましたが、二子玉川ライズ反対の住民運動を広げる出発点になるものです。
世田谷区長側の陳述には見るべきものがあります。除染に対する公開質問状への福島県内自治体首長の定型的な回答と比べて、一歩踏み出しています。この違いは小さなものですが、これまでの行政の姿勢を踏まえると革新的です。「さすが、保坂展人区長」と政治家としてのセンスを評価します。
末尾の方で先に批判した内ゲバ体質に関して重なる内容を書いています。結構世間は狭いですね。名前が出ている方々と同席したことがあります。
事前にお話することはできませんでしたが、傍聴にお誘いした理由の一つには、訴えの取り下げが話題になった点があります。御承知の通り、取り下げには相手方の同意が必要です。それ故に取り下げをするためにも相手方への根回しが必要です。年末に唐突に訴えの取り下げを申し出た企業の不誠実さが改めて浮き彫りになります。
http://hayariki.net/

0 件のコメント:

コメントを投稿