2012年3月1日木曜日

ブレーキの壊れた暴走機関車

マンションをだまし売りする東急リバブル東急不動産はブレーキの壊れた暴走機関車である。問題は東急リバブル東急不動産に消費者との約束を守る意思があるかである。折角縁のあった消費者を片っ端から遠ざけていっているのは東急リバブル東急不動産であった。全く品性の欠片もない。人間の徳性を最初から捨てていた。
東急は足を踏み入れてはならない領域に侵入した。頭の固い東急工作員の迷妄が現実をねじ曲げ、か弱く気高き消費者の存在を貶めている。どのように考えても、それは不合理である。東急不動産だまし売り裁判の文章は深い真理の淵の底から汲み上げてきた泉のようである。
http://hayariki.net/

0 件のコメント:

コメントを投稿