2012年3月10日土曜日

bleach=?iso-2022-jp?B?GyRCO2A/QEJlOVQ+Qzw6SlQ0MDdrGyhC?=

久保帯人の漫画ブリーチbleachの死神代行消失編が完結した。長かった展開の割にはラストはハイテンポでまとめている。主人公に迷いがなければ敵を圧倒できるという、努力よりも信念重視の良くも悪くも現代的な作品の傾向を踏襲した。
バトル物では主人公側に都合のよい論理や正義が振りかざされることが少なくない。これに対して死神代行消失編の黒崎一護はソウル・ソサエティの仕打ちに怒りをぶつけるだけの資格がある。しかし、それをせずに護る側に立った。
さらに戦う敵に対しても、奇麗事の正義論をぶつけるのではなく、相手の論理を理解した上で対峙している。自分の考えを唯一絶対とし、相手の話を聞く能力もなく、頭ごなしに遮ることで議論に勝ったと勘違いする低級な連中とは異なる。黒崎一護は魅力的なヒーロー像を提示している。林田力
http://hayariki.net/

0 件のコメント:

コメントを投稿