2012年2月14日火曜日

花の慶次

「花の慶次・雲の彼方に」はかぶき者という言葉を一躍有名にした漫画である。第一話は慶次が滝川一益の麾下にいた頃の話である。滝川一益は織田信長の命で関東を攻略していた。愛馬・松風との出会いが描かれる。第二話から豊臣政権下に時代を移し、前田家中での暴れっぷりが描かれる。
筋を貫く慶次の美学は多くの読者を痺れさせた。その精神性は悪徳不動産業者と闘う消費者を描いた東急不動産だまし売り裁判と共通する。林田力
http://hayariki.net/

0 件のコメント:

コメントを投稿