2012年2月13日月曜日

『めだかボックス』役不足

『週刊少年ジャンプ』2012年11号に掲載された『めだかボックス』第133箱「他の誰でもない」には「役不足」という台詞が登場する。役不足は力不足の意味で誤用される言葉であり、間違って使用して読者から突っ込まれる恥ずかしいケースもある。しかし、「この程度のところに出演することは自分にとって役不足」と本当の意味を分かっていながら嫌味を言っていることが暗示されている。ニヤリとさせられるやり取りである。

人気漫画『ONE PIECE』を始め、最近は文字の多い漫画が多い。『銀魂』第7巻収録の第54訓「人の名前とか間違えるの失礼だ」で、追伸の使用をカッコいいと勘違いする無学者を風刺するギャグを描いた(林田力「追伸に対する一考察」PJニュース2010年12月25日)。近時は携帯メールのように読み手を無視して書き流すだけの言葉が溢れている。その中で言葉を大事にする作品に出会うと嬉しくなる。
http://hayariki.net/hayariki.htm
『AKB49 恋愛禁止条例』第6巻、AKB48に求められるひたむきさ
http://npn.co.jp/article/detail/89092597/

0 件のコメント:

コメントを投稿