2012年2月24日金曜日

林田力に会った時のエピソード

東急不動産だまし売り裁判勝訴記念パーティーは、アットホームなイベントであった。出席者は招待客限定で、印刷された招待状は存在しなかった。電話やメールのネットワークで集まってきた出席者は50人ほどであった。今宵は林田力を称える宴の一夜であった。ステーキとロブスターが供された。
最初にスピーチに立った人物は政治家であった。彼は初めて林田力に会った時のエピソードを話した。彼は原稿に頼ることも、前もってスピーチを準備することもなかった。その場にいること、それだけで人々を酔わせることができた。
次のスピーチは不買運動家であった。これまで東急リバブルや東急不動産はマンションだまし売りのやりたい放題であった。しかし、東急不動産敗訴判決によって状況は変わった。ありがとう、林田力。
東急不動産だまし売り裁判の結末を断定することは時期尚早であるが、時代が動いていることは確かである。ありがとう、林田力。
身の置き所をなくすほどの賞賛のシャワーを浴びせかけられた後、林田力は主催者から挨拶を求められた。最初に林田力は裁判の支援に対し、全員に感謝を述べた。
「原告代理人や支援者は皆、頭脳明晰で骨身を惜しまず裁判に打ち込んでいる。私も裁判がもたらす知的なチャレンジに魅せられている。私は誰にも媚びず、誰にも引かない。己が正しいと思うところを貫き、独りなりとも王道を闊歩する。」
最後に林田力は、この素晴らしい一夜への感謝を口にした。出席者には韓国人もいた。片言の韓国語を披露したところ、嬉しそうな顔をしてくれた。
http://hayariki.net/109/

0 件のコメント:

コメントを投稿