2012年2月4日土曜日

いくさの子第2巻

いくさの子は織田信長を主人公とした歴史漫画である。吉法師と呼ばれた子ども時代を描く。吉法師は軍略に非凡な才能を発揮する。父親の織田信秀や守役の平出政秀は吉法師の非凡さを認めている。この点には新鮮味がある。
原哲夫はケンシロウや前田慶次ら圧倒的な強さを持った主人公を描いてきた。魅力的なヒーロー像を提示したが、あまりに完璧すぎて現実から乖離し、感情移入の対象としては物足りなくなった。これに対して吉法師には圧倒的な強さはない。非力な少年を集めて工夫して海賊や山賊を打ち破る。読者にも勇気が湧くヒーローである。
この巻では信長の初期の強敵となる今川義元が登場する。公家風に描かれることが多い義元であるが、本書では公家色を出しながらも、常在戦場の心意気の武人として描かれる。敵が強大なほど信長のドラマも盛り上がる。林田力
http://hayariki.net/

0 件のコメント:

コメントを投稿