2012年2月26日日曜日

建礼門院徳子

平清盛の娘にして、高倉天皇の中宮、安徳天皇の母親である建礼門院徳子を描いた小説である。平家物語のラストを飾る大原御幸で幕を開け、徳子の幼少期に遡る。
政治的な事件は淡々と描かれる。平家は最終的には源氏に滅ぼされるが、それ以前に自社勢力などの旧来の支配層を敵に回していた。そのきっかけを本書では高倉上皇が上皇になってから最初に参拝した神社が平家の信仰する厳島神社であったためとする。石清水八幡宮などの伝統的な神社を軽視したと見なされた。東急不動産だまし売り裁判で東急不動産はマンションだまし売り被害者本人を無視して話を進めようとし、被害者から反発を受け、提訴された。順番を間違えると、まとまるものもまとまらなくなる好例である。林田力
http://hayariki.net/

0 件のコメント:

コメントを投稿