2012年2月24日金曜日

東急不動産・東急電鉄のトラブル

東急電鉄が東京都品川区の大井町で高架下に長年居住・営業していた住民に立ち退きを要求。
東京都世田谷区では、東急電鉄・東急不動産主体の再開発・二子玉川ライズが住民の反対を無視して建設強行される。住環境・自然環境が破壊され、ビル風で骨折した老婦人もいる。
静岡県では、東急電鉄が下水処理費用を巡り、ニュータウン管理組合と紛争になる。
東京都江東区では東急リバブル東急不動産が隣地建設を説明せずに新築マンション・ドエルアルス南砂サルーテを販売し、購入者とトラブルになった。
同じ東急リバブル東急不動産が不利益事実を隠して新築マンション・アルス東陽町301号室をだまし売りした。消費者契約法・不利益事実不告知で不動産売買契約が取り消されたリーディングケースとなる。林田力「東急不動産だまし売り裁判・こうして勝った」。
東急リバブル東急不動産は横浜市のアルス横浜台町でも隣地建て替えを隠して販売し、購入者と裁判になる。
平塚市の湘南袖が浜レジデンス、文京区のブランズ文京小石川パークフロント、守谷市のブランズシティ守谷では建設反対運動が起きた。鷺沼ではマンション建設予定地から土壌汚染が発覚し、建設中止となった。
http://hayariki.net/

0 件のコメント:

コメントを投稿