2012年2月5日日曜日

オカルト

最後の話が最もミステリーであった。オカルトにのめり込んで破滅する自業自得的なストーリーが多い中で、この話は注意深く節度を持ったオカルト研究者に降りかかった問題である。広い意味では本人の不注意に属するが、その前の話とは対照的である。林田力
http://hayariki.net/

0 件のコメント:

コメントを投稿