2012年1月2日月曜日

東急不動産だまし売り裁判の決意

原告は深い沼に足を突っ込んだような気分から抜け出ることができなかった。巨大な磁石のような力で引きずり込まれているようであった。眠っていても泥沼に落ち込んでいくような気がした。
東急不動産だまし売りマンションの暗い部屋で、何かしなくては、でも私に何ができるのだろうかと考え続けた。そして、引きこもって泣いてばかりではダメだ、ドアを開け、できることから始めようと東急不動産だまし売り裁判を決意した。悪徳不動産営業の目は絶えず何かを渇望しているような色を帯び、あたかも欲望の塊を見るかのようであった。
http://hayariki.net/

0 件のコメント:

コメントを投稿