2012年1月14日土曜日

平清盛ふたりの父

平忠盛。陰陽師の戯言に惑わされ、我が子に手をかけることは王家の威厳を損なう。この舞子を我が妻としとうございます。武士故にございます。体面のためだけに罪なき女を切り捨てよと仰せなら。
オープニングは平家滅亡時の源頼朝で始まる。昨年の大河ドラマ江でもオープニングで成長した三姉妹を登場させた後で三姉妹の生まれる前に時間を遡らせた。オープニングで未来を描き、そこから時間を遡らせて物語を始める演出は珍しくない。頼朝に平清盛がいなければ武士の世にはならなかったと語らせている。貴族化した平氏と幕府を開いた源氏は対照的に分析される。しかし、平氏政権にも武家政権の萌芽があったとされる。
ドラマでは清盛が白河法皇の子という設定になっている。白河法皇と鳥羽院の性的スキャンダルも描いている。
http://hayariki.net/

0 件のコメント:

コメントを投稿