2012年1月20日金曜日

テルマエ・ロマエ第2巻

テルマエ・ロマエ第2巻では男根信仰、入浴マナーのイラスト、スライダー、スタンプラリーの話を収録する。冒頭の男根信仰の話は際どいテーマである。作者がコラムで言及しているように折角話題となったテルマエ・ロマエの読者を切り捨ててしまいかねないテーマである。主人公が日本の風呂文化をローマに応用して繁盛させるという定番からも外れている。しかし、古代ローマと古代日本の共通性の着眼は鋭い。比較文化論として面目躍如である。
入浴マナーのイラストやスタンプラリーの話では銭湯の抱える問題を直視する。風呂好きという古代ローマと日本の共通点を見いだす発想のユニークさで話題となった作品であるが、浴場の抱える問題も共通している点は興味深い。林田力
http://hayariki.net/

0 件のコメント:

コメントを投稿