2012年1月1日日曜日

信長協奏曲4巻

美濃を平定した信長は足利義昭を奉じて上洛する。明智光秀は足利義昭の下から信長の家臣に転身したとする見方が一般的であるが、信長協奏曲では信長ありきになっている。細川は食わせ者で、信長と義昭の間には史実同様の溝が生まれる。
タイムスリップ物はタイムスリッパーが未来を知っている点が特徴だが、信長協奏曲のサブローは歴史の知識が全くない。未来を教えてくれるものとして、日本史の教科書があるが、それも活用されない。タイムスリップ物というよりも、新解釈の歴史物に近付いている。
信長協奏曲の信長は飄々としており、怒りを見せない。これは伝えられている信長像との大きな相違点である。比叡山延暦寺の焼き討ちなどの描写が注目される。林田力
http://hayariki.net/

0 件のコメント:

コメントを投稿