2011年12月17日土曜日

家政婦のミタ第9話

前回は三田の壮絶な過去が明らかになり、今回は人間的になった三田のストーリーが展開されると期待したが、いい意味で裏切られる。三田は宣言した通りに阿須田家の家政婦を辞し、電話を着信拒否するほどの徹底ぶり。その三田の家政婦としての次の勤め先は隣家という予想外の展開である。ここで三田は感情を表に出さない冷血家政婦に逆戻りする。三田が感情を出さないようになった理由が判明し、視聴者が身近に感じられるように なった直後に突き放すという味な演出である。
家政婦の三田の特徴はドラマ冒頭での前回のダイジェストが少ないことである。多くの連続ドラマでは冒頭で前回のおさらいをする。視聴者に前回の内容を思い出してもらう配慮であるが、尺稼ぎにもなる。毎回欠かさずドラマを視聴し、次回放送を楽しみにしている視聴者を軽視した姿勢である。急遽時間拡大版となった今回は、三田の過去説明が繰り返されたが、単なる映像の使い回しではなかった。家族それぞれが三田の告白を噛みしめる形になっている。映像使い回しによる安易な尺稼ぎをしないところにも作り手の良心が表れている。このようなドラマが秋クール最大の話題作となることはドラマ界にとって喜ばしい。
http://hayariki.net/

0 件のコメント:

コメントを投稿